こんにちは!ファッションスタイリストジャパンの島野です。

 

最近読んだビジネスマナーの本には「名刺はその人そのものを扱うように大切にすること」という心得が記されています。
その名刺をやり取りする名刺交換も、ビジネスにおいて欠かせない儀式の一つです。

名刺入れから自分の名刺を取り出し、挨拶をして、自分の名刺を差し出しつつ、相手の名刺を受け取る。

この一連の動作の間、視線は手元に集中する訳ですから、名刺入れも自然と目立ってしまうものです。
みなさんは、どんな名刺入れを使っていますか?

 


もし、相手に信頼感・安心感を与えたいという事であれば、黒・こげ茶の革製が良いと言われています。

 

何故ならバッグや財布、手帳など他の革小物と質感を合わせて、
例えば、同じブランドなどで揃えると、より統一感が増します。

 

形も2つ折のノーマルなタイプが良いと言われています。

 

他にも上品に少し個性を出して、ちょっと違う印象を与えたいという場合には、紺やキャメルなど少し色味のある革製のものであれば、どんな相手でも的を外すことなく、好印象を与えることができると言われています。
いずれにしても、どんな名刺入れでも清潔に保つことと、中身をキチンと整理しておく事がとても大切です。
相手から頂いた1枚の名刺が、もしかしたら皆さんの仕事や人生にとって
大きな影響を与えることがあるかもしれませんので、大切に扱いたいものですね。