こんにちは!ファッションスタイリストジャパンの島野です。

皆さんの中では、特に男性陣はブランドに対して興味がなかったり

もしくは否定をする方が居るかもしれません。

ただ今日はブランドの裏側を知っていただく事で少しでも

興味を持っていただく事ができれば嬉しいです。

 

とはいえ、ブランドと言っても様々なものがありますが

今日は誰もが知っているだろう、時計のブランド

「ロレックス」について

お伝えしていきたいと思います。

その前に時計についての合わせ方はこちらを参考に

 

スーツに合う腕時計の選び方

 

ロレックスとは

1905年。大いなる野望を抱いたひとりの青年が、ロンドンに時計会社

“ウィルスドルフ&デイビス社”を設立したことが、すべての始まりだった。

その者の名はハンス・ウィルスドルフ。

当時はまだ懐中時計の時代だったにもかかわらず、将来性を完全に

予想し、1907年、事務所をスイスのラ・ショー・ド・フォンに移転し、

本格的に腕時計の製造を開始した。その翌年には自社ブランド

“ロレックス”を誕生させ、さらに1910年には腕時計としては

初のクロノメーターの認定を受ける。

当時としては、懐中時計に比べて小振りな腕時計の精度にまだ疑問符

が付いた時期に、このクロノメーター認定によって腕時計の制度を

立証すると同時に、ロレックスの名を世界に広く知らしめる結果となった。

 

ロレックスの3大発明

さらにロレックスの腕時計の実力をかっこたるものにしたのが、3つの大きな発明だった。

ひとつは1926年に開発した

①防水機能”オイスターケース“

もうひとつは1931年に発表したローターの

②自動巻きを実現した”パーペチュアル”

この時点でロレックスの腕時計の基本である「オイスターパーペチュアル」が誕生。

そして1945年に

③日付がついた「デイトジャスト」を発表する。

その後これら技術をベースにスポーツウォッチという未踏の分野を切り開きながら、

ロレックスは機械式腕時計の王者として君臨し続けていくことになります。

 

ドーバー海峡を渡るロレックス

1927年10月7日ロレックス、いや時計の歴史における革命が起こった。

ロンドンの記者であったメルセデスグライツが腕時計をしたままドーバー海峡を泳ぎきる、というドラマティックな出来事である。

所要時間15時間15分。この短くも、時計という道具には長すぎる時間のドラマの主人公は、

世界初の防水腕時計ロレックス・オイスターだった。

報道記者たちは彼女が泳ぎきった歴史的瞬間の証人となっただけでなく、

彼等はメルセデスグライツ嬢の腕につけられたロレックスが動いていたことに驚嘆し、

その感動を”防水時計”ロレックスとして原稿に書いた。

それによってロレックスの完全防水という発想、性能は世界中に知られるものとなったのである。

このことから注目を浴びたロレックスは、時計店の店頭に金魚鉢を置き、

そのなかにオイスターを吊すというデモンストレーションをおこない、「ロレックスに防水あり」という発想を普及させました。

 

これらロレックスの歴史のほんの1部ですが、

これだけでも知る事で、手に取ったことで少しは愛着が湧いてくるのではないでしょうか。