こんにちは、スタイリストの吉川です。

シャツの衿が様々種類があるように、
ネクタイの結び方にも基本となるパターンがあります。

基本の結び方3種類をまずはマスターして、
美しく着こなせる準備をしておくと安心です。

前回までにそのうちの2種類

第1弾・プレーンノット

第2弾・セミウインザーノット

について勉強してきましたが、今日はネクタイの結び方の基本第3弾
ウインザーノットについて探究していきましょう。

最もボリュームが出る・ウインザーノット

 

 

 

 

 

ウインザーノットとは左右が対象になるように工夫された
合理的な結び方であり、やや広めの衿幅のシャツ殆どに対応可能です。

上品なクラシカルスタイルを演出してくれます。

 

まずは下記の手順で結び方をマスターして反復してみましょう。

 

プレーンノットに慣れていると、初めは長さの調節が短くなりがちですが、
慣れてくると大き目にしたりコントロールできるようになります。

ウインザーノットの綺麗な結び方

①ネクタイを首にかけ、小剣(幅の狭い方)を短めにとり、
大剣(幅の広い方)が前にくるようにクロスし、小剣の裏側へ回します。

 

 

 

 

 

 

②裏側へ回した大剣を手前から首の上を通って中へ入れます。

 

 

 

 

 

 

③少し下にキュッと引っ張り・・・

 

 

 

 

 

④一度、反対側へ引きます。

 

 

 

 

 

 

⑤このタイミングで、左と右の手を持ち換えます。

 

 

 

 

 

 

⑥こうして反対側も、大剣を手前から首の上を通って中へ入れます。

 

 

 

 

 

⑦こちらも少し下にキュッと引っ張ります。

 

 

 

 

 

 

⑧前に回してから・・・

 

 

 

 

 

⑨回してできた輪の中に、大剣を上から通します。

 

 

 

 

 

⑩結び目の形を整えながら・・・

 

 

 

 

 

⑪小剣を引きながら結び目を上げていきます。

 

 

 

 

 

⑫形を整えたら、ウインザーノットの完成です。

 

 

 

 

 

 

ウインザーノットの特徴と印象を知っておこう

 

 

 

 

 

 

他の結び方を含めて、比較する際に見るべきポイントは下記の3点です。

  1. 結び目の形状・・・やや横に広がった逆三角形に近くなる
  2. 結び目の大きさ・・・かなりボリュームのある大きさに仕上がる
  3. 仕上がりの長さ・・・プレーンノット、セミウインザーノットよりも短めに仕上がる

 

結び目が横広がりの逆三角形に近く、大き目に仕上がります。
そのため、シャツ衿の開き角度が広いものが好相性となります。

逆に狭いものは衿が浮いてしまうので避けましょう。

ワイドカラーやホリゾンタルカラーなど
衿の開きが大きいものに合わせるとボリュームが活きてきます。

大きな結び目は長すぎるタイや、結び目に
ボリュームが不足している際にも役立ちます。

イギリス国王エドワード8世、後のウインザー公の名で有名な結び方です。

彼が発案者かどうかは定かではありませんが、
これを世に知らしめたのがウインザー公であることは確か。

結ぶ際には大剣を左右にかける時に、締め具合を均等にするのがコツで
幅広でボリュームのある結び目になります。

まとめ

さあ、これであなたも3大基本である、

  1. プレーンノット
  2. セミウインザーノット
  3. ウインザーノット

以上の結び方はマスターできましたね?

あとは繰り返し反復することで完全なる
ネクタイ基礎マスターとなってください!

頭で理解できたらあとは繰り返し反復が
あなたのネクタイの結び目をより一層美しいものにしてくれるはずです。