こんにちは道清です。

先日会社のみんなで『CHALLENGE JAPAN』に
観覧に行かせて頂きました。
URL チャレンジJAPAN(ジャパン)

そうそうたる出演者の中で特に印象的だったのが
植松努さんでした。

vol19 植松努

北海道の町工場でロケット開発されていて、リサイクル用マグネット事業を営んでおられます。
志、夢があり、子供達の未来を希望につなげる活動をされています。

その中で植松さんは『どうせ無理』をなくす活動をされており、
生まれた時から諦め方を知っている人は1人もいません。
という言葉にハッとさせられました。

不安にたちむかうこと、不安の向こう側に喜びがある事を伝えてくれました。

日本の若年層の自殺率の上昇をおさえたい。という強い思いがあり

人を殺してはいけないのは、人の可能性をうばってしまうから。
言葉で人の可能性をうばうことは、それと同じです。


と話され言葉の凶器の怖さをかんじました。

 

夢と勇気と自信を持つために大切にしたい言葉

 

 

 

 

 

 

思うは招く。夢があればなんでもできる。

失敗を恐れずに、自ら挑戦することの大切さを自らが仲間と実践され、
小さなロケット作りのワークショップを開催を通して子ども達に
夢と勇気と自信を持ってもらうことへの活動を行われております。

その活動に共感しロケット作りのワークショップを植松さんに代わって活動されている
くさつ未来プロジェクトさんにとても感謝されておられました。
植松努氏モデルロケット教室[477KB]

植松さんの言葉は、どの気持ちにも当てはまり、だれしもが経験している楽しさ、
苦しさに共感を持ちながら、対策方法や後押しをして下さっている様に感じました。

それは、すべて経験から基づくお言葉でした。

思うが招く〜夢があればなんでもできる〜

「どうせ無理」をなくし

「だったらこうしてみよう」と日々考えて工夫していこうと感じました。

植松さんの本を購入して思いの深堀をさせて頂きます。

 

植松さんから学んだ私の思い

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に

子供たちへもつながる

私の思いは

『かっこいい(素敵)人が増えれば日本が良くなる。

かっこいい人が増えてキラキラ輝く人を増やしたい。

子供が大人に憧れる回数が増えれば増える程よい』

と感じます。

かっこいいはもちろん人それぞれありますが、
その機会、きっかけを作っていきたいです。

目の前の方から、『かっこいい』の定義付けもしていきたいです。

とても寒い夜でしたがスタッフみんな
でアツイきもちになっておりました。

このような機会をありがとうございました。

 

ドウセイ