皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

突然ですが、男性の皆さんは革靴は買ったことがありますか?

おそらくほとんどの方が一度は買ったことがあると思います。

ではいつも同様な基準で選んでいるのでしょうか?

 

長く使う靴には実は選ぶポイントがあります。

本日は購入の際にここを押さえれば大丈夫という4つのポイントに

ついてお伝えしていきます!

 

<ポイント1>

本革の物を選ぶ

→紳士靴などの素材に合成皮革が用いられている靴が近年多いですが

10年以上使える、そして付き合えることを基準に選ぶなら、牛革を

はじめとする本革のものを選びましょう。

正しいお手入れや修理をすることで合成皮革を使った革靴よりも

よりずっと長持ちさせることが出来ます。

<ポイント2>

まずはスムースレザーのものを

→革の表側にエナメルなどの加工をしていないスムースレザーは

革の風合いや素材感を感じられるうえ、基本となるお手入れ方法で

手入れが出来るためシューケアの成果がとても出やすいです。

まず愛用の革靴を買おうと思ったらスムースレザーにするのが

おすすめです。

またデザインはあまり装飾がないものを選ぶと良いです。

<ポイント3>

定番のデザインを選ぶ

→洋服と同じように靴にも流行があります。

靴屋さんに行くとその時のトレンド商品が多く並びます。

しかしトレンドが変わるスピードはとても早いです。

そのためその時々の流行りの靴を買ってしまうと、

たとえ靴がまだ綺麗で壊れていなくても、古くさく感じて

履かなくなってしまうことが多いです。

愛用品として長期的に革靴を履いていくなら、定番のデザインを

まず選ぶのがおすすめです。

昔から変わらないデザインの物を選べば、トレンドなど関係なく

お手入れ次第でずっと履くことが出来ます。

<ポイント4>

お店でフィッティングは必ずしましょう

→いくら高価で上質な素材の物を選んでも、サイズが合っていない

足に合っていないなどあれば、歩きにくいし痛みも出ていいことは

ありません。

自分の足に合った靴を選ぶにはプロの力を借りてとにかく、試着してみる

ことが大切です。

その際にいつも靴を買ううえで悩んでいることを伝えると良いです。

また履いている靴下の厚さや時間帯による足のむくみによって

感じるサイズ感も変わりますので気を付けましょう。

 

 

いかがでしょうか?

靴も洋服と同じように選ぶ際のポイントを押さえておくことで

失敗がなくなります。

 

本日のブログは以上になります。

次回も楽しみにしていてください。