こんにちは、スタイリストの吉川です。

植物や動物など自然の中でも、人が作り出した美術・芸術の中でも
美しいと感じやすいという比率があると言われています。

これが「黄金比」と呼ばれるものです。

数字上では、「1:1.618」

となり、この比率に人は魅力を感じると言われています。

レオナルド・ダヴィンチのモナリザ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ギリシャのパルテノン神殿 【たて×横】

 

 

ミロのヴィーナス

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

など、多くの芸術作品に使用されている比率です。

黄金比を発見したのはエウドクソスという紀元前の人物で、後世にて彫刻家である
ペイディアスという人物 がパルテノン神殿建設時に採用したと伝えられています。

19世紀にごろになると、人類が美しいと感じる比率ということが知れ渡り、
「黄金比」と呼ばれるようになっていきました。

日本でも金閣寺をはじめとした建築物に用いられ時代、国境を越え人々を魅了している比率です。

Vゾーンの黄金比率

芸術にも黄金比があるように、スーツを着用した時の黄金比というのも、
ひとつの基準として存在しています。

必ずこうしなければならないという、堅いルールではなく
上手くいきやすい指標なので知っておいて損はありません。

スーツを着た時にシャツ、ネクタイで作られる胸元を
Vゾーンと表現しますが、

  1. スーツのラペル幅

  2. シャツの衿幅

  3. ネクタイの横幅

 

この3つがイコールに近い程、綺麗にまとまりやすいと言われています。

 

スーツのラペル幅の測り方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ラペル幅は上衿と下衿をつなぐように斜めに走っている
ゴージラインという線を測っても正確な数値が出ません。

衿の折り返し部分に対して、直角にメジャーや定規を当てて測ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この写真ですとラペル幅は8センチということになります。

 

シャツの衿幅の測り方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャツの衿が合わさる部分から、衿先までの長さを測ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真ですとシャツの衿幅は8.2センチになります。

 

ネクタイ幅の測り方

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ネクタイの大剣という一番幅の広い部分を測ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真ですとネクタイの大剣幅は8センチになります。

 

上記3つのスーツ、シャツ、ネクタイの組み合わせですと、
すべてがほぼ8センチで統一されます。

つまりバランスのとれたVゾーンに仕上がるということです!

 

何処か1カ所だけでも細すぎたり、太すぎたりすると
アンバランスになり均整がとれなくなります。

まずは基本を忠実に再現できるようにして、
そこから応用していけるように挑戦してみてください。