こんにちは。スタイリストの吉川です。
「ズボンのスソはシングルにしますか?ダブルにしますか?」

スーツやパンツを購入した時に、店員さんに
一度は聞かれたことがあるのではないでしょうか。

「 一体どちらがいいんですか?」
と、よく御相談を受けることがあります。

そこで今日はズバリ裾の基準をお伝えいたします。
由来とメリットを知っているとスマートな受け答えが可能になります。

・シングル裾について

まずはシングル。
折り返さずに真っすぐスソが縫われている状態です。

こちらはフォーマルな場面に向きます。
冠婚葬祭はまずシングルでいきましょう。

ですから、礼服など格式の高い場で使う可能性のあるスーツは
シングルで直しておくと、どこへ行っても大丈夫です。

・ダブル裾について


続いてダブルについてです。
折り返しをつけてスソが縫われている状態です。

こちらはビジネスなど、活動的な場面に向きます。
スソを折り返すことにより、重みが出てピンと綺麗なラインが生まれます。

なぜダブルの裾が生まれたのでしょうか?

一説にはアメリカの結婚式に招かれたイギリス貴族が雨のため、
濡れないようパンツのスソを折り返して歩いたところ、それを見た別の出席者が

「あの方がされているのだから、これは新しいオシャレに違いない!!」
といって真似をする人が増えて広まったという説があります。

・まとめ

諸説ありますが、屋外での機能性から生まれたスタイルという点では共通です。
室内では雨や泥などで汚れる心配が最初からありません。

従って、式典などフォーマルなものは室内で行うためシングルというわけです。
ビジネスではダブルでもシングルでもOK!
お好みで選んでみてください。

スペアパンツ付きのスーツなら1本ずつ裾の仕上げを
シングル、ダブルに変えてみるのもありですね。

上手く使い分けて、どちらも楽しめる大人の男でいきましょう。

***********************