皆様こんにちは。

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

本日は前回の続きとなる革靴のお手入れ方法についてお話ししていきます。

 

前回のブログでは

なぜ靴のお手入れが必要であり、大切なのか?

についてお伝えしていきました。

「おしゃれは足元から」という言葉があるように

ビジネスでも、プライベートでも足元はよく見られています。

 

どんなデザインなのかも大切ですが、何より靴が「汚いか」「綺麗か」を他の人たちは

見ています。(=靴を大切にしているか)

そういった内側の部分(考え方)が外側(靴の状態)に出ているのです。

そして靴のお手入れをしていないことでビジネスでも、プライベートでも

損をしている人が多い!

 

あなたにとって靴は、大切なパートナーでしょうか?

それとも、たかが靴でしょうか?

 

今回は

「靴のお手入れが大切なのは分かったけど、じゃーどうやってやればいいの?」

という意見にお答えしまして実際に革靴の磨き方をお伝えしていきます。

<革靴の磨き方>

 

  • ブラシで埃を取る。

→まずは馬毛のブラシで靴の表面に付いているホコリや土を落とします。

特にコバ周り(アッパーとソールのつなぎ目部分)はたまりやすいので

入念に!

 

  • クリーナーを使い古いクリームや汚れを落としていく。

→リムーバーと言われる専用のクリーナーを使い、古いクリームと

汚れを落としていきます。

指に巻いた布にクリーナーをなじませ、小さな円を描くように磨いて汚れや

古いクリームを取っていきます。

注意点はクリーナーの塗りすぎは革にダメージを与える可能性があるので

ほどほどにしましょう。

 

  • ブラシを使い、乳化性クリームで栄養を与えていく。

→次は豚毛のブラシを使い、クリームで栄養を与えていきます。

ポイントは円を描くように、クリームを靴全体に伸ばしていくイメージです。

クリームの量は米粒2~3粒くらいで。全くケアをしておらず革が乾いている

場合はもう少しプラスしましょう。

その際はクリームが一か所に固まらないように気を付けましょう。

 

  • クロス(布)を使い、磨き上げる。

→最後はクロスを使い、ブラシで効率よく伸ばしたクリームを革靴に

なじませていきます。

クロスは靴専用の物でなくても大丈夫です。綿100%で目の細かい物で

したら代用できますので、使い古しのTシャツでも使えます。

 

 

 

いかがでしたでしょうか?

意外と手順はそんなに多くないので、是非このブログを機に自分のお気に入りの

靴をお手入れしてみてください。

綺麗な靴でモチベーションを上げて、是非仕事に臨んでください!!

 

靴をもっともっとピカピカにしたいという方はワックスを用いた鏡面磨きという

方法があるのですが、今回の内容とは別の知識、技術が必要となりますので、

また別の機会にお伝えしますね。

楽しみにしていてください。

 

ではまた!!

 

 

 

もっと詳しく聞きたい方に対して弊社ではファッションコンサルティングを

行っています。

 

気になる方はこちらから。