皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストの菊地です!!

本日も皆さんにとって有益になる情報をお届けしてまいります。

本日は洋服のニットについてお伝えしていきます。

もうすぐ今年も終わりに近づき寒い日が続いていますね。

 

そんな冷え込んでいるときに快適なお洋服がニットです。

皆さんも、この時期よく着られているのではないでしょうか。

 

しかし一言でニットとは言っても薄いものからざっくり編まれた

分厚いものまで様々あります。

本日はそんなニットの知識をお伝えしていきたいと思います。

 

では本日もいきましょう!

 

・なぜ編目の大きさが違うのか

 

まずニットで知っていてほしいのはニットの編目は「ゲージ」

「度目」という言葉で表すことです。

ファッション雑誌などによく

 

「今年はローゲージニットがトレンド!」

 

「ファインゲージニットできれいめに!」

 

といった見出しが付いているのを見たことがありませんか?

 

実はこのゲージという言葉は編み機に取り付けられた編み針の

密度を示すものです。

編み機の1インチ(2.52㎝)間にある編み針の本数のことなのです。

1インチの中に14本の編み針が入っていれば14ゲージ。

3本しか入っていなければ3ゲージです。

数字が大きければ1インチにの間に入る編み針の本数が

それだけ多いということです。

すると編み針を細くしなければ多くの針を入れられません。

したがって編み糸も細くなります。

そのためニットの目が細くなり、伸縮性も少なくなってきます。

一方、数字が少ないと編み針の本数が少なく、太い編み針が

並べられ、編み糸にも太いものが使われます。

するとざっくりと編まれたセーターが出来るというわけです。

 

一般的に細かい編目のニット製品をファインゲージニット(10ゲージ以上)

ざっくりと編まれた目の粗いニット製品はコースゲージニット(8ゲージ以下)

と言われます。

そのほかにハイゲージニット、ミドルゲージニット、ローゲージニット

という言葉で分けられることもあります。

 

ハイゲージは12ゲージ以上

ミドルゲージは7ゲージから10ゲージ

コースゲージ(ローゲージ)は7ゲージ以下

のニット製品です。

 

つまりゲージとデザイン、シルエットは綿密な関係にあるのです。

 

いかがでしたでしょうか?

ニットにも様々な編目のものがあり、それぞれ着心地や見栄えも違います。

したがってそれぞれの特徴を知り、TPOに応じてうまく使うことで、より快適に

そして素敵に使うことが出来るのです。

 

次回は「度目」についてお伝えしていきます。

次回も楽しみにしていてください。

 

ではまた!!