1枚でも様になるのが色鮮やかなコットンニットです。

コットンならではのさらりとした肌触りもその魅力。

 

ニットというと、

「セーターみたいで暑いんじゃないの?」

と、コーディネート依頼を頂いた方にもよく言われます。

 

ニットという言葉が冬をイメージさせてしまうようですが、
そもそもニットとは「編み物」の総称です。

ですから、春夏用の編み物も存在するわけですね。

特に春から初夏にかけて着るコットンニットは
ザックリとしたローゲージ編みなので、通気性も確保されています。

早速、コーディネートに取り入れてみました。

 

涼しげに見せるには色も大切な要素

コットンニットですと色合いも綺麗になります。

ポイントは、程よい光沢感と明るいカラーを選ぶこと。

マットな質感すぎると、冬のセーターっぽく見えてしまいがちです。
また、黒など色が濃すぎるとせっかくの軽快さが失われてしまいます。

春から夏らしいさわやかで明るい色を選びましょう。

 

コットンニットの着こなし・ひと工夫

また、着こなしによっても変化が楽しめます。

少し袖を捲りあげて着ると、より見た目の涼しさとラフさがUP。

程よいラフさが絶妙のキレイめ加減を演出してくれます。

 

食わず嫌いはもったいない!!

というわけで、私も暑がりの汗かきなのですが
今の時期や初夏の6月一杯までは全く問題なく着用しています。

名前に偏見を持たず、この春はしばらく使えますので
ぜひチャレンジしてみましょう!

ブログを読んでいる私の担当クライアントさんは
自分に合うサマーニットがどんなものか、ぜひお楽しみに(笑)