皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です!!

本日も皆さんにとって有益になる情報をお届けしてまいります。

 

本日は洋服の素材についてお伝えしていきます。

普段、当たり前のように着ている洋服ですが実は色々な素材が

あります。

今回はその中でも「麻」素材についてお話をしていきたいと

思います。

 

それでは本日もいきましょう!!

・麻とは

麻は植物から採れた繊維です。

世界中に麻科の植物は約60種類ほどあると言われています。

しかし日本の法律で「麻」と表示できるのは、麻科の植物の中でも

「リネン」「ラミー」という植物に限られています。

麻はリネンやラミーの茎の部分から取れる繊維です。

植物には茎が折れないように支え、養分や水分を送るための靭皮(じんぴ)

といわれる強い繊維層が表皮の下にあります。

リネンやラミーはその靭皮が非常によく育つので

それを取り出して麻繊維にします。

麻素材の特徴は他の素材と比べてハリとコシがある点です。

 

・素材の特徴

上記でお伝えしたようにハリとコシがある素材なので

「サラサラ」「シャリシャリ」した素材感が特徴で夏に人気の素材です。

また麻は繊維の中心が空洞になっています。

そのため非常に軽く、汗や湿気をよく吸収し、断熱性に優れているため

外部の暑さを内部に伝えにくい涼しい素材感なのです。

また麻は水に濡れると繊維が太くなりさらに強度が増します。

よって目の粗い生地に織り上げても服地としての強度が保たれ

通気性の良い涼しい服を作ることが出来るのです。

 

・麻素材は臭いにも強い?

夏の代表的な悩みとして服が汗臭くなることがあるかと思います。

実は麻素材にはここにもメリットがあります。

汗臭さの主な原因はバクテリアなのですが、麻は通気性が良い為

蒸れにくくバクテリアが発生しにくいといわれています。

また植物繊維の為、虫に食われることもほとんどありません。

 

いかがでしたでしょうか?

普段、何気なく着ているお洋服ですが素材を意識して着用していくことで

より快適に過ごせること間違いなしです。

是非、参考にしてみてください。

 

本日のブログは以上になります。

ではまた!!

 

***********************