こんにちはスタイリストの吉川です。

私のスタイリングにも欠かせない、定番アイテムのデニムパンツ。

今回はデニム生産に関わる方の思いや空気を肌で感じるため、
日本が誇るデニムの産地、岡山県の児島へと足を運びました。

 

 

まるごとデニムの町・児島

国産ジーンズ発祥の地、岡山県・児島
東京から新幹線とマリンライナーを乗り継ぎ3時間。

駅に到着するとコインロッカーや改札の扉、
外を歩くと街全体がまるごとデニム。

『児島ジーンズストリート』

デニムメーカーさんの直営店や
デニム地を使った小物店が集まっています。

ストリートの頭上にはデニムも吊るされています。

桃太郎ジーンズの桃太郎君とスタイリスト菊地の
ツーショット記念撮影。

地域が一丸となってデニムを盛り上げている感じがしました。
瀬戸内海の風が気持ちよく、とてものどかな街です。

 

 

いざ!デニムの加工場さんへ

今回は縫い上がったデニムにそれぞれ個性を出す
加工場さんへお邪魔してきました。

皆さん担当の仕事を集中してやっておられました。
真夏の暑い時期には、作業場は40℃を超えるそうです。

まずは染色について説明を受けます。

パソコンを使って様々な色を混ぜて、
どのように生地を染めるか、希望通りに染まるかを研究するそうです。

Tシャツやパンツなど生地によって染まり方が変わるため、
何通りも試験をしたデータが2年分も棚にびっしりと保管されていました。

それだけでもすごい量なのですが、
更に以前の分は2階の倉庫に大量に保管されているとのこと。

一体どれだけの仕事をされてきたのか。
その熱意と探究心に脱帽です。

 

様々薬品類

 

染色サンプルを少量で行うための専用設備。
1点物の染めなどもこちらで行うそうです。

 

実際に染まったビーカーの生地

 

この染色のお話だけでも相当に奥が深く
素材が綿なのか麻なのか、化学繊維なのか。

そこに加えて素材が同じものだったとしても、
原反という50メートル毎にロールされている単位の
ロールが違えば染まり方も変わるとのこと。

 

う~ん、難しい。。。

この最後の微妙な違いやズレを埋めるのは、
人の感覚なのだそうです。

 

『いつか将棋のようにコンピューターや
人工知能に抜かれる日が来るのかもしれないけど、
今は人間の方が優れているんです!!』

 

という言葉に、プロフェッショナルな職人さんの魂と
仕事に対する誇りを感じました。

こうした作り手の思いをコーディネート共にクライアントの方へ届け、
繋げる仕事を担うスタイリングをしっかりしていこう!

と、改めて身の引き締まる思いでした。

本日はこの辺で。続きはまた次回に書きます!