こんにちは、スタイリストの吉川です。

ジャケットの素材を探求するシリーズ第2弾。
(第1弾見逃した方はこちら

今回はモヘアです。

実は、モヘアというのは動物の名前ではありません。
アンゴラ山羊から採れる獣毛のことを指します。

トルコのアンカラ地方が原産の山羊の一種で、
現在はアメリカ北部や西アジア、南アフリカ等で育てられています。

繊維としての特徴は以下の4つです

①光沢が非常に美しい
②吸湿性に優れている
③ハリ・コシがある
④断熱性が高い

モヘアはスケールと呼ばれるウロコ状のものが
少ないので滑らかで吸湿性に優れています。

また、ヒツジと比べて、クリンプと言われる
縮れが少ないため弾力性や保温性が少ないのも特徴です。

このため逆に弾力性と保温性に優れたヒツジの毛
=ウールと混ぜて使われることが多い素材です。

お互いの特性を活かしながら、補い合うという
相乗効果が得られるというわけですね。

一方でウールにはないハリやコシを持っているので
シワになりにくいという点もモヘアの強みです。

総合的に通気性が良く、シワになりにくいということで
日本の夏にはぴったりな素材であるという評価もあります。

 

世界中で愛される生地

そんなモヘアを一躍有名にしたのが、
イギリスの老舗マーチャントDORMEUILです。

1957年に発表されたモヘア生地のコレクション
『トニック』はその後10年ほどで80万メートルも販売され、
まさにテーラーで大ヒットと言われる生地になりました。

DORMEUILの名を知らしめたこの生地は現在も
改良が続けられ、世界各国のテーラーで愛されています。

 

子山羊の毛は更に希少性が高い

生後1年未満のアンゴラ子山羊の毛を
使用したものは「キッドモヘア」と呼ばれています。

繊維の細さは25~27ミクロンとカシミアに近く
カシミアに近い柔らかさに、モヘアならではの強さもあります。

キッドモヘアの採れる量はモヘア全体の実に
6分の1以下と言われているため、希少性も高いです。

 

まとめ

モヘアのみでは硬くなりすぎる可能性もありますが、
ウールとの混紡生地を使用することでバランスが良くなります。

スーツやジャケットの素材として申し分ないでしょう。

・ハリのある繊維で適度な光沢
・コシがあるためシワになりにくい
・吸湿性が良いので冬は勿論、暑い季節も快適に着られる

ジャケット選びの際にはモヘアの特性も踏まえて
是非お気に入りの1着を見つけてください。