ファッションスタイリストジャパンの斉藤です。

本日は前回お伝えした、ジャケパンスタイル『抜け感』前編に続いて、

『抜け感』後編をお届けします。

前回は、上下の組み合わせを変える。

フォーマルとカジュアルをミックスさせる手法や、

色や柄を季節に合わせ、

軽快さ、清潔感、遊び心を取り入れることをお話ししてきました。

 

今回は、色の組み合わせと素材を使った『抜け感』を表現する、

コーディネートを中心にお伝えしていきたいと思います。

 

素材と色の組み合わせによるコーディネートによって、

どんな『抜け感』が表現できるのかを知ってもらい、

普段のコーディネートの参考にしていただきたく思います。

 

 

 

ジャケットにはカジュアルな印象を与える、

コットン、リネン、ジャージ素材を使用する!!

コットン、リネン、ジャージ素材のジャケットはカジュアルな印象を与えます。

風通しが良い、軽い、少しのシワが味になってカッコイイ!

機能面でも勝手がよく、これからの季節はとても需要が増える1着です。

コーディネートのインナーには、

上左の写真ようにシャツにボーダーのニットタイ、

コットンのカラーパンツなど一味違ったコーディネートもいいですね。

上右の写真は、コットンのセットアップスーツにベージュカラーを用いることで

カジュアルな『抜け感』の雰囲気が出ているのがわかるでしょうか。

カジュアルでありながら、清潔感がある(キレイめ)、そして機能面でも動きやすく涼しい、

そんなジャケパンスタイルを、これからの季節に取り入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

ベージュ、サックス、ピンクなどを積極的に使用する。

大切なのは原色よりも淡い色を選択し、

軽快さ、清潔感、遊び心を取り入れる。

これから時期は、陽が長くなってきます。

日本には四季があり、その四季を理解し、

季節感をファッションに取り入れることができる人は、

魅力的に映るのではないでしょうか?

そして、これからの季節は『抜け感』を取りれたファッションが、

季節感を表現できる人として、より認知されて行くのだと思います。

もちろん、TPOを使い分けることが大切ですね。

ビジネスシーンでは、緊張感を持つスーツスタイルで身も心も引き締める。

プライベートでは、大人の遊び心である『抜け感』を取り入れる。

前編でもお伝えしたように、そんな両極を受け入れる寛容さと振り幅が、

魅力的な人となって、相手に好印象を持たれて行くのではないでしょうか?

ビジネスシーン、プライベート、どちらのファッションも大切にしている男性は、

同性からも、異性からも魅力的に映っているのです。

なぜならば!ファッションは自分を表現するものであり

そして、それ以上に相手に対する配慮や敬意を表し、

信用や信頼に繋がるツールになり得るからです。