こんにちは、スタイリストの吉川です。

一気に暑さも増してきた今日この頃。
できるだけ、薄着で外に出かけていきたい。

「Tシャツ短パンではラフすぎる。
学生時代のファッションと変わらないぞ、困った。。。」
「そう!もう若造とは違うんだ!
でも、何が大人のカジュアルなんだ~~~!?」

ということで、今日は大人の夏カジュアルを楽しむための
方法を考えていくマリンスタイル編です。

 

 

鉄板の色・白×ネイビーでマリンスタイルに

まずは色でマリンスタイルを表現。

白のアイテムと、ネイビーのアイテムを合わせる。

これだけでもグッと爽やかなマリンテイストを感じさせます。
ジャケットを取り入れたキレイめカジュアルから、
シャツ1枚で羽織るラフなスタイルまで共通に使える色です

白やネイビーは爽やかな印象を与える上で、欠かせない定番の色。
定番であるがゆえに、どこで差をつけるのか?
それは、同じ色であったとしても素材で差がつくのです。

例えば、白シャツ1枚選ぶにしても、
綿のサラッとしたオックスフォード生地を選ぶのか、
リネン(麻)のようにシワ感を楽しむ生地を選ぶのかで
雰囲気が変わります。

 

どちらも夏らしい素材ではありますが、リネンのように
シワ感があるとリラックスした雰囲気が強まります。

ジャケットで白を取り入れるのは抵抗があるという方も
シャツやTシャツで着るのは安心なのではないでしょうか?

そこに、ネイビーを併せて取り入れることで
グッと清涼感が高まります。

ネイビーも青系統の色に含まれますので、相手には
涼しい・爽やか・落ち着いているという印象を与えてくれます。

インナーに白を選んだ場合はジャケットやアウター、
パンツなどにネイビーを取り入れるとよいでしょう。

 

王道・ボーダー柄の使い方を極める

柄はマリンスタイルの王道アイテムというべき、
ボーダーの使い方を極めることから始めてみましょう。

量販店から高級服店にいたるまで、
どこにでもあるアイテムだからこそ差がつくもの。

気を付けるのは、以下2点です。

1.ボーダーの幅

2.ボーダーの色

ボーダーの幅は細い方がシャープでキレイめな印象に。
ジャケットの程良いドレス感、レトロなスタイルにも好相性。

幅が太い方とよりカジュアルで活発な印象になると言われています。
デニムやカーゴパンツと合わせてドレスダウンできます。

そして、色は最初にお話しした
白×ネイビーまたは、白×ブルーがマリンスタイルにぴったり!

もちろん他のカラーを取り入れてもOKですが、
その際は例えばショーツをボーダーにしたら、ジャケットをネイビーに、
Tシャツを白にするなど、周りのアイテムを白やブルーでまとめるのが
マリンスタイルに仕上げるポイントです。

今日のポイントを押さえて、まずはマリンスタイルの
大人カジュアルを楽しんでみてください。

***********************