ファッションスタイリスとの斉藤です。

本日は、以前お伝えした

【ジャケパンスタイル・『ポロシャツ』編】に続く

続編をお伝えしていこうと思います。

ポロシャツ、その由来とは。

欧米の紳士達が馬に乗って行う団体競技、

『ポロ』からきているのはご存知かと思います。

スポーツウェアとしての『ポロシャツ』は、

競技で着用する衿が開いている半袖のことをいい。元々は、紳士が競技で着るスポーツウェアの為、

Tシャツとは違ったカジュアルシーンから、

相手に印象を与えるビジネスシーンまで、幅広いシーンでの着用が可能となります。

ジャケットとの相性も良い為、コーディネートの幅も広がり、

楽しみが増えるのも魅力の一つではないでしょうか。

因みに、ポロシャツには、半袖の衿開きのモノと、長袖、

そして前開きのモノがある事を覚えておかれるといいと思います。

 

 

以前は、ホワイトとネイビーの定番色で見るコーディネートをお伝えいたしました、

今日は、色と柄を取り入れた『ポロシャツ』のコーディネートを写真と共に、お伝えしていきます。

 

 


先ずは、2色使いを意識してコーディネートをする!

色を取り入れる事で、コーディネートの難易度が上がる事を認識する。

皆さんは、色の組み合わせについて、難しいと感じたことはないでしょうか。

当ブログの過去記事『女性からのモテ要素とは!?』の中でもお伝えしておりますが。

簡単に言うと、色の識別について男性と女性では、細胞レベルで異なっていて、

男性の色の識別能力は、女性より劣るという内容です。

100%の男性がそうとは限りませんが、

確かに弊社に来るお客様やにも色の組み合わせが分からない、

と言う方が非常に多いのは間違いないですね。

であれば、先ずは型をしっかり作り、

使う色も2色でまとめてるとわかりやすくなるモノです。

上の写真のように、上下のセットアップスーツは同色で、

そしてポロシャツは色を取り入れてみる。

それだけで十分、色を取り入れたコーディネートが可能になります。

もちろん、バランス良くコーディネートができるのであれば、

3色、4色を取り入れて人との違いを出していくのも魅力的ですね。

 

 

 

ボーダー柄のポロシャツは、スポーティでカジュアルな印象を与える!

休日のオフシーンで遊び心を演出する。

柄の入ったポロシャツは、スポーティでカジュアルな印象を与えます。

難易度は柄なしのものに比べて、非常に高くなりますが、反面オシャレ度は格段に上がります。

ポロシャツにボーダー柄を合わせる際は、ジャケットは単色で落ち着いたネイビーがオススメです。

ぜひ、休日のオフシーンや、レジャーでいく海や山、そういった場面で活躍してくれますので

この夏は挑戦していただきたいコーディネートです。

 

 

 

 

シックで貫禄のある印象を醸し出すブラウンのポロシャツ。

ホワイトのパンツでメリハリを出し、

青系のジャケットで、誠実かつ貫禄のある印象を演出する。

ブラウンのポロシャツを用いるコーディネートでは、

シックで貫禄が出る色味で渋い印象になる為、ビジネスの場面でも活用できます。

ただ、ダークカラーで組み合わせてしまうと、重く暗い印象にもなり兼ねないため、

ジャケット、もしくわパンツのどちらかに、明るい色か薄い色でバランスを取って行く。

季節感も含めたコーディネートをすることで、

ブラウンのシックで貫禄がある良さが引き立ちます。

 

 

 

 

まとめ

色には、イメージがつきます。

これは、ポロシャツだけの話ではありません。

赤をイメージしてくだいと言えば、火、情熱的や暑い、

などの、イメージも浮かんでくるのではないでしょうか。

そのイメージもしっかりと認識することで、

色によって自分自信をブランディングすることも可能なのです。

今回はポロシャツを題材として、色についてお伝えしてきました。

男性であれば、色を取り入れるのが苦手ということもあるでしょう、

苦手なあまり、いつもダークカラーばかりを選び、季節感も無視している

そんな苦手意識も、色を取り入れたコーディネートの型を作っていくことで、

簡単に実践していくことが可能となります。

今年の夏は、色を取り入れたコーディネートに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

 

関連記事

ジャケパンスタイル・『ポロシャツ』編

ジャケパンスタイル・『麻(リネン)』編