こんにちは。
ファッションスタイリストジャパンの吉川です。

靴は1日中、外を一緒に歩いてくれるパートナー。
一度履いて家を出たら、そうそう脱ぐ機会は少ないもの。

だからこそ、自分の足に合うものや
疲れにくいものを選びたい…。

そこで今日はお店で靴を選ぶ前に
自分でもできる準備、2つのポイントをお伝えします。

 

・靴を履いた時、気になることは何ですか?

まず1つめは、靴を履いた時にいつも自分の足で
必ず気になるポイントを把握しておくことです。

私はいつも右の甲が高いせいで、
合わない靴を選ぶとそこが当たって痛くなります。

また、右足の幅が左足寄り大きいために
左足では問題ないのに、右足だけキツく感じることがあります。

こうして痛くなる部分や気になる点などを把握することで
店員さんに伝えたり、自分でも重点的にチェックできます。

丁寧なお店であれば、その情報を共有することで
より快適な靴探しを一緒にできることができます。

 

・靴下1枚でも履き心地は変わる

2つめは、合わせる靴下を考えて履いていくことです。
靴下1枚でもそれぞれ厚みが異なります。

うすい靴下を履く人、厚みのある靴下を履く人。
また、仕事で履く靴下と普段着の靴下が違う人。

今、あなたにも自分が履いている好みの靴下があると思います。

季節や着用シーンで自然と履きわけている方も多いのですが
布1枚の厚みがフィッティングには重要です。

試着用の靴下を用意してくれている場合もありますが、
これから履き続ける靴を選ぶには、いつもの靴下で行くのが一番。

靴屋さんに行く前に、是非この2つのポイントを押さえておいてください。
きっといつもより靴が選びやすくなるはずですよ。

***********************