ファッションスタイリストジャパンの斉藤です。

本日は、夏に履きたい!コーディネートで合わせたい!

そんな、夏のコーディネート「シューズ」編を、お伝えします。

皆さんも、”オシャレは足元から”と言う言葉を聞いた事があるのではないでしょうか。

事実、足元は非常に重要なポイントとなります。

靴1つで、コーディネートが変わってしまう!そう言っても過言ではないのです。

そんなこと言われても、実際になぜ足元が重要なのか解らない!という方もいると思います。

日常を思い返していただくと気づくと思いますが、

暑い夏だからと言って、常にビーチサンダルで表参道、青山、銀座、などを歩いている人は少ないはず!

砂浜のあるビーチでならいる事でしょう。

足元が解らないと言う人でも、なんと無く気にかけている、という人は多いのではないでしょうか?

先ずは、この夏から簡単に挑戦できる3種類の靴をお教えします。

 

 

 

①スウェード素材のローファー!!

オールシーズン!多様なシーンで使える優れモノ。

革靴のなかでは、カジュアルな印象の強いローファー。

スウェード素材で、よりカジュアルに!

ドレスカジュアルから、シャツとショーツのコーディネートと

幅広く使えるオススメの一足です。

※注意点:サイズをしっかり合わせ、甲とカカトでホールドできている事。

紐靴と違って、つま先に余りがあると、足の指で掴むように歩こうとする為、非常に疲れる。

 

 

②ドライビングシューズ!!

由来は名前の通り、車の運転時にしようする為に設計されている。

靴底にゴムの凹凸があり、滑り止め効果がある為、アクセル、ブレーキを踏みやすい様に考慮された

優れものです。

ファッショナブルの色使いと、カジュアルのディテール(形)に注目が集まり。

車が無くても、街で履けちゃう一足。

※注意点:多色展開がある為、色の組み合わせは程よく季節感のあるもの、または定番色で選択する。

そうする事で、流行りに左右されない愛用品になります。

 

 

 

 

③ローカットスニーカー!!

白に限らずですが、足元が軽くなり、セットアップのスーツに合わせる事も可能です。

一気にカジュアルなテイストに変貌する為、セットアップスーツに合わせる際は難易度が高くなります。

それでもカジュアル、ジャケパン、セットアップと着回し幅を広げてくれる一足になる事間違いなし!!

真っ白だと、より清潔な印象ですが、反面汚れやすいで注意が必要です。

 

 

まとめ

今回、ご紹介した靴は、夏のコーディネート編ということで、

カジュアルな印象を主にお伝えしました。

まずは、お伝えした「3足のシューズがあると」履き回しが可能となります。

今年の夏は、大人の遊び心あるコーディネートを軸に、

ご自身に合う靴を見つけてみては如何でしょうか。

 

 

 

 

関連記事から。

ジャケパンスタイル・『ポロシャツ』続編

シャツの着こなし『パンツIN』がカッコイイ

夏のコーディネート「シャツ・ショーツ」編