こんにちは、ファッションスタイリストジャパンの吉川です。
穏やかな日差しに、涼やかな風が吹く春の陽気になってきましたね。

少しずつ温かくなってきたとはいえ、まだTシャツ1枚では寒い。
かといって、もう秋冬の長袖では暑苦しいし、第一重たい感じがする。。。

そんな悩みをお持ちのあなたにピッタリなのが春ニットです。

 

ニットというと温かいセーターというイメージが強く、
「それって寒いときに着るものでしょ?」と思う方も多いはず。

「ニット(knit)」とは編み物の総称であり、セーターはその内の1種になります。
1本の糸でループを作りながら編まれた生地のことです。

マフラーや靴下、帽子や下着なども、編まれた生地であればニットと呼びます。
最近ではごく薄く目が粗く編まれた、夏用のサマーニットなども存在します。

今日はこの春お役立ちのニットをご紹介したいと思います。

・春ならではのミドルゲージニット

ニットは編み物全般を指すということはお話ししましたが、
編地によっていくつかの呼び名があります。

①ハイゲージ・ニット

②ローゲージ・ニット

③ミドルゲージ・ニット

ゲージとは、編み機の針の密度、
1インチ(通常1インチ=2.54㎝)間の編み針の本数のことを言います。

・ハイゲージ・・・12~20ゲージ以上
・ローゲージ・・・1.5~7ゲージ
・ミドルゲージ・・・8~11ゲージ

と、細かく数字も決まっているようですが
わざわざ細かく1インチの間の編みの数を数えていく。

なんてことをしていてはキリがありませんので、
大まかな見分け方をイメージ写真で記載します。

 

 

ハイゲージ⇒

非常に目が細かく、ほとんど編み目が見えませんね。。。

目が詰まっているので保温性もありますし、
薄くても透けることは少ないです。
エレガントでややフォーマルな印象を受けるニットです。
ローゲージ⇒

かなりザックリとした編み目が特徴です。

糸自体は太いのですが、編みが粗めなので
手を内側からかざすと肌が見える程度の編みです。
カジュアルな印象を受けるニットと言えます。

 

 

 

ミドルゲージ⇒

編み目の大きさも、フォーマルかカジュアルかの印象も
ハイゲージとローゲージの中間と言えるでしょうか。

写真でも編み目は確認できますが、
ハイゲージほど細かくはなく、ローゲージほど粗くもない。
そんな感触を見てとって頂けたら幸いです。

春から夏にかけては、このミドルゲージを活用しまくることができます。

 

 

・ミドルゲージならニット1枚でも様になる!

こちらの写真のようにミドルゲージニットは
1枚で着ても、とても様になります。

素材は綿や麻など吸湿性が高く、
熱を発散してくれるような天然素材が望ましいです。

直に着てもチクチクしない肌触りのよいものを選ぶと
重ね着も単品使いもできて、汎用性が高まります。

デニムにローファーでさらりと着こなしてみると、
シンプルなスタイルで軽快ながらも
グッと大人のオシャレへと格上げしてくれます。

また、寒の戻りで冷え込んだ時には
シャツの上から重ねてもエレガントです。

もちろん、その上から更にジャケットを羽織ってもOK。

毎日の気温が変化する春先だからこそ、服選びに悩む。
そんなあなたの強い味方になること間違いなしの1枚です!

是非、クローゼットに加えてみてはいかがでしょうか?

***********************