こんにちは、スタイリストの吉川です。

靴にも様々な種類があります。

ジャケットパンツスタイルからカジュアルスタイルまで
対応できる柔軟性がある革靴がローファーです。

 

一口にローファーといってもデザインが違いますが
今日は『タッセルローファー』にスポットを当てたいと思います。

 

 

『タッセル』とは何か?

タッセルとは、房飾りのことを指します。
もともとはマントの留め具で実用的なものでした。

現在は装飾としての意味合いが強くなり、
カーテンを束ねておくための紐や房飾りとして使われています。

ファッションにおいてもカバンや靴などに
装飾のアクセントとして使用されているのです。

この房飾り(タッセル)が甲の部分に付いているので
タッセルローファーと呼ばれるのです。

アメリカでは学生時代をローファーで過ごした弁護士が
タッセルローファーを愛用していた為に
弁護士の靴として知られるようになったという逸話があります。

 

タッセルローファーの魅力

ローファーは、“怠け者”の名の通り楽に脱ぎ履きするための
カジュアルなイメージの強い靴です。

そのため基本的にはフォーマル度の高い
ビジネスでは着用NGとされています。

 

ですが、タッセルローファーの場合は先に書いたように、
弁護士たちが愛用するローヤーズシューズとしても通用するため
ローファーながらビジネスシーンでの着用も可能になります。

このコーディネートの幅広さ・柔軟性こそが魅力と言えます。

ここからは、タッセルローファーを活用した
実際のコーディネート事例を見ていきましょう!

 

まとめ:タッセルローファーのコーディネート実例3選

まずは「PT01」のディレクターもお勤めになっている
ドメニコ・ジャンフラーテ氏の着こなしをお手本に。

 

ブルーのダンガリーシャツにクロップド丈のデニム。
ガッチリした腕が際立つ腕まくりが男らしいですね。

スニーカーではなくタッセルローファーが
大人の品格をプラスしています。

お次はコットンスーツのスタイルから学びましょう。

ブラウンのコットンスーツにシャンブレーシャツ、
ネイビーのニットタイを合わせています。

スエードタッセルをコットンスーツに合わせる
軽快な着こなしの定番型として参考になりますね。

 

最後はポロシャツと合わせるスタイル。

今の季節にピッタリの白パンツと合わせて、
軽快な印象を出してくれます。

足元の茶のタッセルローファーが、ポロシャツの
ラフ感にトラッドテイストの綺麗なニュアンスを加えてくれます。

 

上記3パターンのように、スーツにもカジュアルスタイルにも
活躍させることができるタッセルローファー。

その守備範囲の広さが大きな魅力ではないでしょうか。

ぜひ1足は持っておきたい定番アイテムですね。

********************************