こんにちは、スタイリストの吉川です。

夏休みも終わりを迎え、そろそろ秋に向けて
ジャケットの準備も進めておきたい今日この頃。

理想のジャケットを見つけるには素材選びも大切なポイント。

そこでジャケットに使われる素材の色々を見ていきましょう。

まずはこの素材を知らなきゃ始まらない!
ウール=ヒツジについてです。

 

3000種類以上の中から最も選ばれているヒツジ

もっとも衣類の製品に重宝されているのが、
メリノ種のウールになります。

スペイン原産の、ウールの中でも繊細で美しい毛を
生産する毛羊種「スパニッシュ・メリノ」をルーツとしています。

長い年月をかけて品種改良が重ねられ、
現在の高品質なメリノにまで育て上げられてきました。

特にオーストラリア・メリノは数あるヒツジのうちで、
最も白く、細く、しなやかさを備えたウールとして
世界中でとても重宝されています。

広大なオーストラリアの大地で育てられたヒツジは
世界における羊毛生産の、実に4分の1を占める程です。

 

 

ウールの「スーパー表示」とは何か?

スーツを買う時に、
「この生地はSuper○○○なので着心地が良いですよ」
というような会話を耳にしたことがある方もいるかもしれません。

これがいわゆる「スーパー表示」と言われるもので、
繊維の細さを示す単位のことです。

数字が大きければ大きい程、繊維は細くなり
数字が小さければ小さい程、繊維は太くなっていきます。

中でもSuper 90’s~110’s位のものは
18.5ミクロン程度の極細ウールで、
「スーパーファインウール」と呼ばれています。

一般的なウールの約60%の細さで、
高級な生地の指標となる素材です。

 

更に一段高級なウールとして
Super 120’s~150’s位のものは、
16.5ミクロン程となりカシミアに匹敵する細さになります。

より細くなると「ウルトラスーパーファイン」へと
レベルアップしていくようになっています。

ジャケットやスーツの素材を選ぶ際の
1つの指標になる表示として、覚えておいて損はないでしょう。

 

ウールは冬だけの素材ではない

ウールと言うと秋冬のイメージを持つ方も多いかもしれません。

しかし、本来は吸湿性と放湿性にとても優れていて
空気の層が外気を遮断するという性質を持っています。

つまり、夏は内側の汗による湿気などを外に出し
熱をカットすることによって涼しく快適に。

冬は湿気は外に出しながらも、熱をしっかりと
内側に留めてくれることによって衣類内を温かく保ってくれる。

更には汚れにくく、燃えにくいという丈夫さも兼ねそなています。

まさにウールは万能素材と言えるものであり、
ジャケットにおいては最も王道となる素材なのです。

まとめ

①ウール=ヒツジの毛。衣類用ではメリノ種が最も重宝される。
②スーパー表示は繊維の細さを示す単位。ひとつの参考程度に把握。
③ウールは1年中着れる、優れモノの素材である。

 

この秋はまず基本となるウール素材のジャケットを準備して、
そこからバリエーションを広げてみてはいかがでしょうか。