こんにちは、スタイリストの吉川です。

大雪が降りましたが今週も雪の予報が・・・・

厳冬と言われる2018年の冬を乗り切るためには
必須になってくるのが防寒性。

でも、着れば着るほど厚着になって着ぶくれが気になる。。。

そこで、防寒性とファッション性をいかに両立させるか?

本日はこちらを実現させるにあたって、身体をいかに
温めるかを切り口にファッションを考えてみたいと思います。

 

温めると効果的なカラダの場所とは?

ただ厚着をするだけでは、効率よく温かくはなりません。

まずは、カラダの中でも温めると効果的な場所を知ること。

ポイントを抑えた防寒をすることで、
不必要な着ぶくれを抑えてスタイル良く見せることができます。

では、どの部位が効果的か?

各部位ごとに見ていきましょう。

 

①首

首の周りには太い血管が走っているので、
温めることで血流が良くなり体全体が温まっていきます。

マフラーやストールを巻くことで、センス良く首元を彩りつつ
防寒効果を高めることが可能になります。

②手

手先には細い血管が走っているため、
冷やすと血流が悪くなり冷え症等に陥りやすくなります。
手袋をつけて冷やさないようにすることがポイント。

手を擦りあわせたり、握ったりして血流を良くするように
動かすことも効果的です。

③ふくらはぎ

体の冷えはふくらはぎから始まるといわれています。
ふくらはぎから足首に向ってどんどん冷えていくので、
ロングホーズを着用すると効果的です。

ズボン下を履くのもありですが、ロングホーズでも充分な
効果をえることができ、着ぶくれも抑えられます。

 

④頭

体を温めたい時や寒さが厳しい時は、
頭をニット帽子などで覆うと温かくなります。
ニットキャップやキャスケットでも効果は得られるでしょう。

外の冷たい空気に直接頭が触れると
そこから熱が逃げて体全体が冷えてしまうのを防止できます。

 

いかがだったでしょうか?

アイテムを選ぶ前にまず身体のどの部分を温めるか。
基本的な知識をお伝えさせて頂きました。

これを参考にファッションアイテムを選択し、
着膨れを防いでスッキリしたスタイルで出かけましょう。