こんにちは、スタイリストの吉川です。

ビジネスで毎日着用するスーツ、ワイシャツ、ネクタイ。

「それぞれ、何着くらい持っていれば充分でしょうか?」

という質問を多く頂きます。

今日はその疑問について考えていきたいと思います。

 

①スーツは何着持っていればよいのか?

量産化が進み、価格が大幅に安くなったとはいえ
シャツやネクタイと比べればスーツは少々値が張ります。

また、自分に合うものを大切に長く使いたいと
オーダーメイドや作りのしっかりしたブランド品を選ぶ流れも
大きくなってきています。

どちらを選ぶにせよ、できるだけ長く使うためには
負担を少なくするためには着数が必要です。

良い状態をできるだけ長くキープするために
最低限必要な着数は、

春夏用3着、秋冬用3着の合計6着

になります。

 

理由は、

①スーツ寿命と季節感の両立
②湿気の除去に必要な期間

③クリーニング時の対応余力
④着用による摩耗軽減

上記をいかに抑えるかがポイントとなるためです。

 

①スーツ寿命と季節感の両立

スーツは大きく分けて春夏用と秋冬用に分けて
それぞれ3着ずつ持っておくと良いです。

素材や色による見た目の季節感や、気候に対する快適さが異なるので
それぞれの時期に合ったスーツを着回すようにしましょう。

「夏に秋冬物を着ていて、汗をかきすぎたために
生地の傷みが早くなってしまった。」

「年中春夏物を着ていて、生地の摩耗が早くなり
すぐに穴が開いてしまった。」

等という事態を避けるため、そして快適に仕事に打ち込むためにも
しっかりと季節を分けてローテーションの組める着数を持ちましょう。

 

 

湿気の除去に必要な期間

1日着用しているスーツは冬でも身体から出る
汗や湿気を吸って外に排出してくれています。

これはスーツの素材であるウールの特性なのですが、
湿気を抜くには2~3日着用せずに風通しの良いところで
保管しておく必要があります。

脱いだらしっかりブラシをかけて、保管しましょう。
そうすることで、ホコリが定着して傷んでしまうことも防げます。

 

 

②クリーニング時の対応余力

飲食物にのハプニングによる汚れなど自宅でおちない
汚れができた際はプロのクリーニング屋さんにお任せするのが一番です。

もともとの数が2着しかなければ、1着預けてしまうので
たった1着で戻ってくるまでの期間を過ごさざるを得ません。

もしもの時まで考えて、2着残って日常に影響をきたさないために
やはり、3着は揃えておきたいところです。

 

③着用による摩耗軽減

毎日スーツを着用していれば、イスに座ったり
歩いたり、物を持ったりと1日中動きが伴います。

イスやカバンなどはスーツの表面と頻繁に触れていますし、
ポケットから財布やハンカチの出し入れをしたりすれば
当然ながら摩擦が起きますので、少しずつ傷んでいきます。

この自然摩耗を少しでも遅らせるためにも
着数を多く持っておくことが非常に有効です。

ポケットに物を入れた状態で擦れると、
生地が引っ張られた状態で摩擦による負荷が上がるので
傷みは早くなります。

ふくよかな体型の方が、お尻や太ももあたりが擦れやすいのも
生地が張った状態が起こりやすいという一因があります。

なるべくポケットなどには物を入れず、
3着以上を着まわすことにより摩耗を軽減できます。

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

①スーツ寿命と季節感の両立
②湿気の除去に必要な期間
③クリーニング時の対応余力
④着用による摩耗軽減

以上のポイントをおさえ、
毎日着ているスーツを長く使うため
また快適に仕事に臨むためにも、安心できる数のスーツを揃えておきましょう。