こんにちは、スタイリストの吉川です。

靴を買ってからしばらく履いているうちに、ゆるくなりすぎてしまった。
また、いつまでも窮屈に感じて痛かった。

という経験はありませんか?

実は多くの方があまり他人には言わないけれど、悩んでいることです。

これは既製品の靴の中からいかに自分の足に合うものを
探すことができるかに左右されます。

今日は少しでも足への負担が軽減できるように、
どんなことに注意して靴を選べば良いのかを見ていきましょう。

 

①「かかと」をフィットさせることが安定感を生む

足の前の方、親指や小指が当たっていないかという方に意識が
向きがちですが、実はかかとのフィッティングがとても重要です。

かかとを包み込む部分を、ヒールカップと言います。

このヒールカップが緩すぎるとカパカパと抜けてしまい
歩きにくい靴となってしまうのです。

逆にきつ過ぎると靴擦れを起こす原因にもなります。

試し履きの際に歩いてみて、しっかりかかとがついてくればOK。
余裕をほんの少し感じるぐらいでジャストです。

靴擦れや足の疲れを避け、良い履き心地を手に入れるには
このかかとを入念にチェックしましょう。

 

②ボールジョイントの幅は足に合っているか?

ボールジョイントとは、親指の付け根と小指の付け根の
関節部分のことを指します。

ここが靴とフィットしていないと靴が変形したり、
中で足が前に滑ったりという現象が起きやすくなります。

 

試し履きをしながらチェックをする際に、
ボールジョイント部分が靴に対して

「面」で当たっているか?

「点」で当たっているか?

これをきちんと確かめましょう。

 

「面」で当たっていると、あまり痛みを感じることはありません。
きちんと圧力が分散されているからです。

 

「点」で当たっていると集中して圧力がかかるため、
強い痛みを伴います。

この違いを試し履きの際に必ず確かめましょう。

小指側を確かめたら、親指側も同様に。


靴の上から触った時に感じる触感で判断します。

歩いてみて強い痛みを感じる時は
サイズを変えたり、幅出しをすることも検討してみましょう。

 

③捨て寸は適度にあるか?

②で解説した通り、ボールジョイントは足で一番
張り出した部分で革靴を足と固定する役目を担っています。

適切なサイズの場合、ボールジョイントで固定されるため
つま先の先端には「捨て寸」という空間が少し残るように作られています。

デザインによりますが、約2~3㎝前後の捨て寸があれば
問題なく履けるでしょう。

これがないということは靴の中で
足が前に来すぎている可能性があります。

 

④甲周りは適切にホールドされているか?

甲周りのホールド感が適切な場合、大きな痛みは伴いません。
窮屈だと甲が当たり、履いている内に痛みを生じます。

また、緩すぎると歩くたびに足が靴から抜けるなどします。
特にローファーは緩いとこの現象が起きやすいので注意しましょう。

 

紐靴の場合は羽の開き具合で判断が可能です。


閉じすぎていると甲に対して靴が緩い状態であり、
見た目もあまり美しくありません。

 


逆に開きすぎていると甲に対して靴が窮屈な状態で、
見た目はもちろん痛みが出る可能性が高いです。

 


革靴は履きこんでいくうちに、ソールが沈んでいきます。

そうすると羽は閉じていくので、購入の際は
靴ひもを締めた状態で少し開いている状態がベストです。

 

⑤トップラインの高さは適切なのか?

トップラインという革靴の履き口が自分のくるぶしに
当たって痛くないかどうか確かめましょう。

靴外側のトップラインの方が低く作られていますが、
それでも当たってしまうと靴擦れの原因になります。

ここも靴擦れや痛みが発生しやすいポイントなので、
試し履きの際に歩いたりしゃがんでみたりして問題ないか
確認しておくと良いでしょう。

 

まとめ

靴を選ぶ時に足が痛くならないポイントは5つです。

①かかと、ヒールカップにフィット感はあるか?
②足と靴のボールジョイントの幅は合っているか?
③捨て寸は2~3㎝あるか?
④甲周りに程良いホールド感はあるか?
⑤トップラインにくるぶしが当たって痛くないか?

特にこの5つに気を付けて、試し履きをすることで
足が痛くならない靴を選べる確率が高まります。

ぜひ、靴を選ぶ際には参考にしてみてください。