こんにちは、スタイリストの吉川です。

靴のロールスロイスって聞いたことありますか?

ジョン・ロブ、ベルルッティ、オールデンなど
世界には様々な高級靴が存在しています。

そうした数あるブランド靴を含めた中でも、
冒頭の呼び名がついているのが

「ハインリッヒ・ディンケラッカー」

なのです。(ハインリッヒ・ディンケルアッカーと訳されている場合もあります。)

 

 

年間8000足しか作れないワケ

1897年の創業以来、「マイスター」の称号を持つ職人が
300近い工程を手仕事で作り上げるため限られた数しか作れません。

ドイツで生まれたこの靴はドイツでは最高に
履き心地の良い靴と言われています。

元々は足の弱い方でも履けるようにと、
堅牢性に加えて、クッション性を兼ね備えています。

モデルも78種類と豊富で、130年の歴史は伊達じゃありませんね。

 

 

こだわりの伝わる重厚感


(写真:交流のあるチェントトレンタ加藤氏の足元を撮影)

スタイリストの私としては実際の使用感が大切なところ。

足元に適度なボリュームも出してくれるので、
存在感がありながらコーディネートを綺麗にまとめてくれます。

 

ダブルソール、トリプルソールという
ミッドソールと呼ばれる革底を通常より
2倍、3倍と厚みを持つため堅牢性が高いです。

丈夫さが増す分、地面からの突き上げが
初めはダイレクトにくるので人によっては我慢が必要。

それでも慣れてくると、クッション性も優れているため
デザイン・質ともに長く愛用できる靴です。

 

クラシコなスタイルとも好相性なので、
20代後半で手に入れたとして味が出てきて
30代で味わい深く履けるようになってくる。

そんなワインのように熟成させる楽しみのある
ハインリッヒ・ディンケラッカー。

是非、いつか履いてみて欲しい靴であります。

手にした方は、ぜひ大切に大切に使ってくださいね。