こんにちは

9月に入りましたがセミの声もする暑い日もあり体調などは崩されていないでしょうか。

今回は弊社ファッションスタイリストジャパンの入口のマネキンを変えました。

 

秋をイメージしたコーディネートで、スタイリスト道清がどういった意図をもって選択しているかを説明させていただきます。

コーディネート

 

 

 

 

 

 

 

秋がテーマで、まず最初に 素材 ’起毛感’

起毛→([名](スル)布の表面の繊維を毛羽立たせることラシャフランネルなどで行う。)

があり、カラーがくすみがあり、深みのあるオータムカラーのベストを選びました。

そこからワイシャツシャンブレーのインディゴ色を持ってくることで、現代性、カジュアル感、そして衿のショートカラーでも現代性、カジュアル過ぎにならない印象を狙いました。

衿の形の本当の理想はジャケットのゴージラインに合わせたショートワイドカラーのコバステッチです。

 

そして、ネクタイは同色で素材をウールを選びました。(ウールのネクタイは秋冬使いが最適です。)

ベストの第一釦をひとつあけて、色の分量を調整。それはネクタイの青色を少しでも出し、入口だからこそ目に付きやすい、明るめの色味の分量を増やしたかったのです。それからベストの第一釦を外すことでコナレタ感覚も意識。ネクタイの浮き感、ベストの第一釦付近の開きで立体感もでます。

 

 

 

 

 

 

 

そしてポケットチーフはベストの赤色を拾ってえんじ色をチョイス。パフドスリーヴで。

ブートニエールも赤色から拾ったパッションピンクに近い色味。

服全体がオータムカラーメインで、差し色が欲しかったためです。

 

ここでようやくジャケットです。中の服の色が濃いめで、くすんだ色が多かったので、秋を感じさせる茶系でも明るくした、ベージュを持ってきました。

余談ですが、よくスーツは三色で抑えるといいと言われていますが、茶系×ブルー×赤系&緑(差し色)とした感じです。感覚的対比は約6.5×3.5×1の色配分です。ブラウン×ベージュ×ブルー で差し色コーディネートとも言えます。

パンツは上半身で作り込んだので、引き算感覚で、一般的なチノパンをチョイスし、そしては茶系で差し色の赤ベースで色の繋がり統一感がでるように選びました。ベルトも同じ感覚で色を合わせて、実際に人が着たときに、ちらっと覗くベルトがこんなおしゃれだったら、ぐっときます。!!

 

 

 

 

 

 

 

更にハンカチだったり、ソックスも重要ながら、下着でもカラーの統一感を意識するようでしたら、スタイリストになる選択肢をおすすめします。w

 

ちょっと今回は細かめに説明をさせてもらいました。わかり辛い点がありましたら、失礼いたしました。

 

最後に個人的に秋が好きです。ごはんもおいしく感じ、量もたくさん食べれて過ごしやすく、夜の澄んだ空気に神秘的な気持ちが増し、月におもいを寄せやすい。

ファッションに関しても私は一番服の雰囲気の巾をだせて、奥行きをだせます。

秋 だいすき です。

素材やカラー細かなところからでも服を通し季節感を楽しまれる、ヒントになりましたら幸いです。