ファッションスタイリストジャパンの斉藤です。

本日は、ウィークデーに必要なスーツは何着あると理想なのか!?

について、話して行きたいと思います。

以前、ウィークデーの毎日をスーツで過ごす方から、

1週間の内、何着スーツがあればいいだろうか?

と言う質問をうけたことがあります。

このブログを見ていただいている皆さんの中にも、

実際に何着あるといいのだろうか?と思っている方がいらっしゃるのではないでしょうか。

結論からお伝えすると!

お洒落を取り入れられる、良識なビジネスマンであれば、

3着あると良いと言われています。

そして『1着2休』がポイントです。

理由は、人間から出る汗(水分)。

何もしない状況でも0.5リットルの汗をかいていると言われています。

移動が多いビジネスシーンでは、3倍以上にも及ぶ汗の量になります。

これからの季節、更に気温の上昇に向けて汗の量は増える一方です。

そんな汗には脂分が多く含まれています。

その脂分を含んだ汗が、スーツの生地に染み込んでいく。

そのスーツを何日も着用し続けると、生地が傷んでしまい、寿命を縮めてしまう可能性があります。

基本は1日着たら、2日間は風通しの良い所で乾かす『1着2休』が良いと言われています。

その為に、3着あると1着2休のバランスが取れるということです.

3着の選択には、ネイビー2着、グレー1着を!!

基本は無地のダークネイビーと、ストライプ柄のネイビー。

そして無地のグレー、もしくはストライプのグレー。

この3着があれば、十分に良い印象を与えられ、着回し幅も広がります。

あとはシャツやネクタイの色や柄をうまく使用し、お洒落でかつ新鮮な毎日を楽しめるはずです。

ウィークデーの毎日に着るスーツだからこそ、3着を上手に着合わし、

生地を傷めないよう長期的に着ていただきたいと思います。

 

※着回しについては、

前回の記事『ブロークンスーツ編』をご覧ください。

 

 

 まとめ

ウィークデーに必要なスーツは3着。

それも無地のダークネイビーとストライプ柄のネイビー。

無地のグレーかストライプ柄のグレーが良いでしょう。

この3着を、正統派のシャツやネクタイで合わせるのも、

また遊び心のコーディネートをするのも、あなた次第ということです。

『1着2休』

を意識し、風通しの良い場所で汗をかわかし、生地の傷みを抑え、

長期的にそして、あなたの最良のパートナーとしてビジネスに望んでいただきたいと思います。