こんにちは、スタイリストの吉川です。

これまでも、ウールにモヘアと定番ともいうべき
素材について書いてきました。

今回はなかなかお目にかかれない希少な繊維。
「宝石」と呼ばれるビキューナについて見てみましょう。

 

1着500万円!?ビキューナのコート

出どころのしっかりしたビキューナ素材で織られたコートは
名の通ったブランドで、400~500万円はくだらない。

そんな時期もあったと言われています。
高級車が購入できてしまうほどの値段ですね。

なぜ、そこまで値段が高騰するのか?
その理由と繊維の特徴に迫っていきたいと思います。

 

 

2年に1度しか採取できない世界で最も貴重な繊維

ビキューナは南米アンデス山脈の標高5000m
付近に生息するラクダ科の小さな動物です。

その毛は過酷な環境から身を守るために、
細く柔らかで温かい滑らかなものになります。

カシミヤより軽く、カシミヤよりも軽いと言われ
その着心地はまるで身体にぴたりと吸いつくと表現されます。

1頭から採れる毛の量は150~250gと非常に少なく、
選別を経て紡績されるまでには更に半分の量に。

採取の時期は2年に1度と生育にも時間がかかり、
より希少性に拍車をかけています。

1572年のインカ帝国滅亡後から1970年代にかけ、
その毛の魅力ゆえに乱獲や密猟によって数が大幅に減少。

一時は絶滅の危機にまで陥りましたが、
政府と企業の保護政策やワシントン条約によって
現在では40万頭を超えるまでに回復しています。

まさに「神々の繊維」、「繊維の宝石」と言える希少性と
至上の着心地はひとつの醍醐味と言えるでしょう。

 

 

美しい黄金色の繊維

その柔らかく温かい毛はコートやマフラー、
毛布に使われるなど幅広く利用されます。

数の回復後は決められた量のみが取引されると共に、
生きたまま毛を採取することが義務付けられています。

殆どは欧米を中心に取引が行われるため、
日本に入ってくるのはとても貴重というわけです。

特にペルーとアルゼンチンで採れるものは評価が高く、
ペルーのものはゴールデン・ブラウン。

アルゼンチンのものはライトハニーと、異色ながら
どちらも美しい色となっています。

 

 

まとめ

・世界で最も希少で、最も柔らかい獣毛である
・厳しい環境ゆえに最高レベルの柔らかさと温かさを持つ
・吸いつくような滑らかさと肌触りは一見の価値あり!!

もし、運よく見かけたり所有されているものを触る機会があれば、
その最高の「神々の繊維」を体験させてもらいましょう。

驚くべき感触に包まれる喜びを、感じてみて頂けたらと思います。

いつかはあなたの手にも、
ビキューナ製品が届く日がくるかもしれません。

**************************************