こんにちは、ファッションスタイリストジャパンの吉川です。

 

先日、実家へ帰ったのですが母から荷物の整理を命じられました。
どうやら、私の使っていた部屋が母の部屋になる模様。

 

せっせと片づけをしていたところ、
高校時代に使っていた世界史の教科書が出現しました。
つい懐かしくなり、片づけを中断して読み始めます。

 

ギリシャのパルテノン神殿、ピラミッドにミロのヴィーナスなどなど。
どれを見ても懐かしく、美しいものばかり。

 

ついつい時間が経つのも忘れて
夢中になり、久しぶりに見入ってしまいました。

 

実はこれらには共通点があったのです。
それは「黄金比」と呼ばれる比率に基づいて、つくられた作品であるということです。

 

 黄金比とは何か?

黄金比とは、1:1.618という数値で、
古代から最も均整のとれた美しい比率とされています。

 

そして、長方形の縦横の長さが黄金比になると
とても均整のとれた形になるのです。

 

ギリシャのパルテノン神殿は正面から見ると、縦と横の長さ。
ピラミッドは側面から見た高さと、底辺の半分の長さ。

 

ミロのヴィーナスは頭の先からおへそまでの長さと、
おへそからつま先までの長さが
それぞれこの黄金比になっています。

 

他にも名刺から植物の葉っぱの並び方に至るまで、
人工物にも自然界にも美しいと感じるものには多く見られます。

 

実は、ジャケットパンツスタイルやスーツスタイルにも
黄金比が存在しているとしたらどうでしょうか。

 

本日はその黄金比を公開します!

それは・・・

ジャケパン・スーツ黄金比の法則

①ジャケットのラペル(衿)幅

②シャツの衿の幅

③ネクタイの大剣(一番太い場所)の幅

 

 

この3つの長さがほぼ等しくなることが、
スーツスタイルの黄金比になります!

 

ジャケットのラペルが幅広で、シャツの衿も大きいのに
細いネクタイを締めるのはアンバランス。

 

反対にラペルが狭くて、シャツの衿も細いのに
太いネクタイを締めるのもまたアンバランスなのです。

 

この黄金比さえ覚えておけば流行に左右されることなく、
常に美しいバランスでコーディネートをすることが可能になります。

 

本日のスーツスタイルはいかがでしょうか?
是非この黄金比を活かして、セルフチェックしてみて下さいね。

 

鏡の前のたった2分が、
印象を大きく左右するポイントになるかもしれません。

***********************