こんにちは、ファッションスタイリストジャパンの吉川です。

ネクタイの柄の代表格といえば、ストライプ。

日本のビジネスマンのクローゼットの中で
1番多い柄ではないかとも言われています。

ですが、「海外ではストライプのネクタイは控えた方がよい」
と言われています。

それはなぜ?を考えていきたいと思います。

レジメンタルストライプはシーンを選ぶ

レジメンタル=regimental
英語を日本語訳すると[連隊に属する]という意味で、
特定の団体に所属していることを示します。
16世紀のイギリスの連隊旗の柄を起源として、
現代のイギリスの各軍のネクタイも

空軍・・・紺、白、エンジ
海軍・・・紺、赤、黄色
などストライプの色の組み合わせで構成されています。

また同じく、イギリスの私立大学のスクールカラーにも生かされ
19世紀ごろ大学対抗のスポーツが盛んになったこともあり
自分の所属する学校を示す印となりました。

これがユニフォームに付けられたリボンから始まり
スクールタイに発展したと言われています。

大学のOB会や組織の式典などでは締めていくこともあるようですが、
彼ら自身も公式のフォーマルな場所で締める機会は殆どないようです。

日本人が海外出張の際にレジメンタルのネクタイを締めていて
「君は○○大学出身なのかい?僕もそうなんだよ!どんなサークルにいたんだい?」
なんて声をかけられて困ったなどという話もあるとか。

こうした理由から、特に海外のフォーマルな場では
レジメンタルタイは避けるのがよいでしょう。

 

国際的な場やフォーマルシーンにふさわしいネクタイとは?

ぜひ普段から注目して見て頂きたいのが、
国連やサミットのような国際的な会議における首脳陣の服装です。

よくよく見ていると、レジメンタルタイを締めている
大統領や首相はほとんどいません。
(もちろん稀にいらっしゃいますが。日本も含めて。)

代わりにどんなネクタイを締めているのか?
それは、「無地(ソリッド)」と「小紋柄」です。
ストライプのように所属を示すこともなく、
チェックのようにカジュアルすぎることもない。

フォーマルなスーツスタイルにも
ビジネスカジュアルなジャケットパンツスタイルにも
対応できるネクタイです。

まとめ
・レジメンタルストライプはフォーマルな場では避ける
・グローバルな場、フォーマルな場では無地(ソリッド)、小紋柄のネクタイを選ぶ
・どちらもTPOで使い分ければ、コーディネートの最高の引き立て役になる

いかがでしたか?

明日からのコーディネートにぜひお役立てください。

***********************