こんにちは、スタイリストの吉川です。

ジャケットも素材が変わることによって、
表情や風合いも変化します。

やはりメジャーな素材といえばウールですが
今日は中でも珍しいウサギについて見ていきます。

 

「アンゴラ」はウサギの毛です

このモフモフした白いのがアンゴラウサギです。

愛嬌がありますね。

トルコのアンゴラ地方が原産で、
フランスで毛皮用に品種改良されたウサギです。

その後、更にペット用としてもイギリスで改良されたようです。

毛の長さは10センチほどあり、
カシミアとほぼ同じ細さで柔らかさを持っています。

 

アンゴラの素材特性

①光沢があり、淡い色の染色が美しく出る
②毛の中心に空洞があるため、保温性に優れ軽い
③表面にスケール(ウロコ状の組織)が無いため滑らか
④静電気が起きやすい

大きくはこういった特徴を持っています。

 

前述のようにカシミヤのような細さを持つため、
柔らかく滑らかで高級感を出してくれます。

 

空洞があることによって保温性と吸湿性に優れ、
シルクのような滑らかさを併せ持つため
アンダーウェアとしても重宝されています。

写真のように白く美しい原毛をもつため、
染色性にすぐれ淡い色にも綺麗に染まります。

現在では世界の総生産量の95%を中国が占めており、
その毛の刈り方が物議をかもしましたが
正しく管理されれば素晴らしい素材と言えるでしょう。

 

まとめ

①肌触りがよい分、ハードな連続着用は避ける
②静電気防止スプレーを上手く使う
③柔らかく繊細なので、着用後はブラッシングをする

こちらのポイントを押さえて、
ぜひ今までにない質感のジャケットを楽しんでみて下さい。