こんにちは!

ファションスタイリストジャパンの島野です。

 

本日も前回に引き続き時計ブランドのご紹介第11弾!

 

今回はゼニス!

ゼニス(Zenith S.A. )は、1865年創業のスイスの時計メーカーである。ムーブメントを自製するマニュファクチュールの一つで、

自社製ムーブメントを搭載したエル・プリメロ(El Primero )、キャプテン(Captain)、エリート(Elite )が広く知られている。

 

ゼニスの誕生

1865年ジョルジュ・ファーヴル=ジャコ(Georges Favre-Jacot )がル・ロックルに時計工場を設立する。当初の社名は”Manufacture de montres”であったが、

1900年の万博に新型懐中時計用ムーブメント「ゼニス」を出品し金賞を得、1911年会社名を”Fabriques des Montres Zenith SA”に変更している。

日本では昭和初期国鉄に懐中時計が正式採用され「ゼニット」として親しまれていた。1940年代にはクロノメーター級の高精度を持った腕時計用のキャリバー135などの傑作ムーブメントを開発している。

1969年に自動巻きクロノグラフ、エル・プリメロを発表するが、クォーツショックにより経営危機に陥り、アメリカ企業であるアメリカン・ゼニス・ラジオ(American Zenith Radio )に買収され、

一時は機械式時計の製造を停止し図面や金型の破棄が命じられた。当時の技術者シャルル・ベルモ(Charles Vermot)は命令に反して実際には破棄せず、図面や金型を靴箱にしまった上、

工場の屋根裏に隠した。1978年にスイスの金融投資グループディキシー(Dixi )に再び買収され、スイス資本に復帰し、機械式時計の製造を復活させた。その後はエル・プリメロとエリートを搭載する時計を

主力商品としてきたが、スイス時計業界の再編・グループ化の波の中で、1999年LVMHに買収されて傘下に入っている。

 

 

ゼニスの魅力

ゼニスは、1865年に青年実業家ジョルジュ・ファーブル=ジャコがスイスのル・ロックルに創業。機械化による近代的な製造システムを導入して、

手頃価格の高品質時計を量産したゼニスは、創業からわずか10年で1000人を雇用する大工場へと発展した。当時のル・ロックルでは成年労働者の3人に1人がゼニスで働いていたという。

ゼニスの時計はやがて、国内外の博覧会で受賞したり、天文台コンクールで1500もの受賞を重ねるなどして、名声を確立する。

「ゼニス(Zenith)」とは、天頂を意味する言葉で、これはもともと1900年に発表された新型ムーブメントに付けられた名称である。まさに天頂に輝く星にもたとえられる至高のムーブメントの誕生である。

このムーブメントは同年のパリ万国博覧会で金賞を受賞する。1911年、創業者ファーブル=ジャコの引退を機に、社名も新たにゼニスへと改められた。

 

第二次大戦後も高性能ムーブメントで名を馳せたゼニスは、1960年代後半に各社が取り組んだ自動巻きクロノグラフの腕時計をいち早く完成させて他を一歩リードした。

1969年に誕生した世界初の専用設計による自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「エル・プリメロ」である。

このムーブメントは、自動巻き設計のみならず、テンプ振動数が毎時3万6000回というハイビートを採用し、その結果10分の1秒が計測可能なクロノグラフ機能を実現するなど、革新的な特徴を備えていた。

世界初の自動巻きクロノグラフ・ムーブメント「エル・プリメロ」

ゼニスはこの歴史に残る技術的快挙を成し遂げたムーブメントにスペイン語の「エル・プロメロ」という言葉を与えた。「最初」を表すこの言葉が「最高」や「最速」といった

じつに多様な意味を含んでいることは言うまでもない。以来40年以上に渡って「エル・プリメロ」搭載の腕時計が、ブランドの代名詞になり、コレクションの核を担い続けることになる。

 

ゼニスの名作

エル・プリメロ

 

 

「第1の」を意味するエル・プリメロ(El Primero、英語ではThe First)は36000振動/時のハイビート設計ムーブメントを採用した自動巻クロノグラフ時計である。

ゼニスとモバードが共同で1969年に開発した「Cal.3019 PHC」を搭載したのが最初であり、同年にはブライトリング、ホイヤー・レオニダス(現タグ・ホイヤー)、

ハミルトン・ビューレン、デュボア・デプラが4社共同で開発した「Cal.11」や諏訪精工舎(現セイコー)が開発した「Cal.6139」も発表されており、自動巻クロノグラフ・ムーブメントとしてともに草創期の製品である。

エル・プリメロを搭載した時計は振動数のより少ない時計よりも針が規則的に動くため、より高い精度を維持し、1/10秒を計測でき、歩度変動による誤差が起きにくいなどの特徴があり現在でもゼニス・ブランドの主力商品となっている。