こんばんは、スタイリストの吉川です。

今日はちょっと変わった靴をご紹介すると共に、
どうやって合わせたら綺麗に履けるのか研究してみました。

コンビシューズって何だ??

横から見たコンビシューズ

コンビシューズは正確には、スペクテーター・シューズと言います。

スペクテーターは観客・観覧者の意味で、
元々はスポーツ観戦の時に履かれていたシューズなのです。

1900年代前半のスポーツ観戦の場は、スポーツを楽しむ場であると共に
社交の場でもありました。

装いも大切にされていたからこそ、生まれた靴といえるでしょう。

このため、上の写真で見られるようなパンチングの穴飾りがほどこされた
スポーティーなデザインが見られます。

もともとは靴の中の湿気を逃がすためのもので、このパンチングがある
ブローグという種類のデザインがコンビシューズに多く採用されているのでコンビシューズ

コンビシューズを愛した著名人

ハリウッドミュージカル映画の全盛時代を築いた、フレッド・アステア氏

コンビシューズを愛した著名人に、フレッド・アステア氏がいます。

ダンサーでもあり、俳優でもあったフレッド・アステアは
タップダンスをより美しく見せるために愛用したそうです。

彼の足元はコンビシューズです

当時のファッションリーダーであった彼のスタイルをきっかけに
コンビシューズは爆発的に広まりをみせました。

同じように、イギリスきっての洒落者と言われた
ウインザー公にも愛用されていました。

コンビシューズを履きこなすことは、
まさにオシャレな男性の代名詞と言えるでしょう。

コンビシューズを履く時の注意点

実際はかなり目立つデザインのコンビシューズ

数々のファッションリーダーに愛されてきたコンビシューズですが、
履く時には少しだけ気を付けてあげると格好良く履けます。

①コンビシューズを主役にしてシンプルにまとめる
または
②コンビシューズのデザインがなじんでしまうくらい、周りもインパクトを出す

これだけなのですが、②は日常生活においては難易度が高いので、
本日は①の視点から検証してみます。

強めのチェックジャケットと合わせると主張し合ってしまう

こちらの写真のように、デザイン性や色が強めのジャケットを合わせると
どちらがポイントなのかわからず、バランスを欠きます。

もし色柄を面積として多く取り入れるのであれば、
中途半端になってしまうのが一番よくないです。

むしろパンツも個性を出して、全体を強くしてしまったほうが
リスクは回避できますがセンスよくまとめるのは難関です。

コンビシューズを主役にシンプルにまとめることで品格が出ます

まずは、コンビシューズを主役にする着こなしからマスターしましょう。

ジャケットを変えただけなのですが、グッと統一感が出てきます。
足元が主役であることが、きちんと伝わってきます。

こちらのコンビシューズはホワイト×ネイビーの靴です。
ネイビーの色をジャケットで拾うことで、もう一段オシャレになります。

まずは、こちらの着こなしから始めてみてください。

慣れてきたらどんどんコンビシューズを履きこんで、
コンビシューズのデザインがなじむくらいの工夫に挑戦してくださいね。

↓↓↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓↓↓