みなさん、こんにちは!

ファッションスタイリストの島野です。

 

今日は装いの中でも

あまり着る事が無いタキシード。

 

 

 

 

 

 

 

皆さんタキシードをお持ちでしょうか!?

 

タキシードといえば、

結婚式や、パーティーなどで着るフォーマルな装いです。

 

がしかし、あまり着る機会もないので

手元にある方はそれほど多くいないのが現状です。

 

 

そもそも洋服自体、

昔は身分を表す象徴として着られていたものになります。

 

 

貴族であれば、貴族の装いを。

一般の民であれば、民の装いを。

 

 

そんな中、タキシードというのは

身分に関係なく着る事ができるフォーマルな装いとして誕生しました。

 

 

どこかパーティーの場であったり、

社交場であったり、

身分をこえて交流する事ができる装いであったのです。

 

そういった場では王族、貴族など関係なく

全員が対等に接する事ができる。

 

今ではビジネスシーンでいうと

スーツに近しい存在かもしれません。

 

 

スーツを着るシーンでも、

ただ着るのではなく、

 

誰と、どういった場所で会うのか、

それはこちらの着こなし(配慮)次第で

相手との関係性を深めてくれるツールにもなってくれます。

 

 

タキシードの誕生歴史から考えると、

装いには人間関係を構築してくれる、

「コミュニケーションツール」として考える事で自分の大きなパートナーとなる。

そして武器として自分をきっと高めてくれる事でしょう!