皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

皆さんは気に入っていたお洋服がすぐに傷んでしまい

凹んだ経験はありませんか?

気に入っていたあまり、使う頻度が多くなってしまったのが、主な原因ですが

実は洋服が傷んでしまった原因は他にもたくさんあります。

 

そして男性に多いのが洋服が伸びたり傷んだり、時には汚れたりしているのが分かっていても

手放せずに着てしまう人たちがいます。

お気に入りなのは分かりますが、そのような洋服を着て異性・同性を含め他者は

どう感じるでしょうか?

 

おそらく良い印象を与えるのは難しいと思います……

 

そうならないためにもお手入れの手順を明確化していく必要があります。

 

本日は洋服をより長く使うためのポイント・方法をお伝えしていきます。

ではいきましょう!!

 

<お手入れの方法・手順>

 

①家に帰ったらブラッシング

→一日中着ることで洋服は皆さんが思っている以上に繊維内にホコリが進入しています。

家に帰ってきたらまずはブラッシングでホコリを取り除きましょう。

 

②ポケットに入れたものは取り出す

→ポケットに物を入れたままにすると型崩れの原因となります。

ハンガーに吊るす前に必ず全て出しましょう。

パンツはベルトも外しておきます。

特にこちらは男性がやりがちなので是非、意識してみてください。

 

③専用のハンガーを使う

→ジャケット、パンツはそれぞれ専用のハンガーで吊るしましょう。

パンツは裾を上にして吊るすと重みによってシワが取れやすくなります。

予算的に可能であれば木製のハンガーが望ましいです。(特に上着類)

洋服は一日着ていると、思っている以上に汗をかいています。

木製だと吸湿性もあるのでより効果的です。

 

またこれは余談ですがハンガーを同じ種類で統一しておくと

見栄えもよくお勧めです。

(クローゼットが洋服屋さんみたいになって結構テンション上がります笑)

 

④スチーマーでその日のうちにシワを取る

→ほとんどのシワはスチーマーの蒸気を使えば消えます。

最近ではハンガーに吊るした状態でかけられるものもあるので

めんどくさがり屋の方はおすすめです。

 

ちなみに知らない方も多いのですがスチーム(蒸気)をあてる事で

衣類に付いた臭いも飛びます。

飲み会の後などはタバコや食事の臭いがつくと思います。

そんな衣類の臭いとりにも効果的です。

蒸気はもともと水なので生地にもやさしいため一石二鳥の効果です!

 

⑤その日に着たものは一日陰干し

→一日中着たものをそのまますぐにクローゼットの中に入れてしまうと

湿気がこもってしまい、生地の傷みが早くなってしまいます。

一日風通しの良いところで干してからしまう癖をつけましょう。

もしくはクローゼットの中にしか洋服をしまえない方は

 

・クローゼットの中に除湿剤を置く。

・定期的にクローゼットの扉を開けて風を通す。

 

上記の対策をしてみましょう!

 

 

いかがでしたでしょうか?

全ては家に帰ってからの流れ、つまり習慣です!

そのまま着ていたものをポイっ!とするのか

上記の流れで日々お手入れするのかで洋服のもちが全く変わってきます。

 

全て一連の流れとなりますので、習慣化もしやすいです。

是非、自分のためにも、相手のためにも、洋服のためにもお手入れを

実施していただき愛着ある洋服に囲まれた生活を送ってください。

 

本日のブログは以上になります!!