皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

突然ですが、皆さんは気に入っていたお洋服がすぐにダメになってしまい

ショックを受けたことはありませんか?

気に入っていたあまり、使う頻度が多くなってしまったのが、主な原因ですが

実は洋服が傷んでしまった原因は他にもたくさんあります。

 

そして男性に多いのが洋服が伸びたり傷んだりしているのが分かっていても

手放せずに着てしまう人たちがいます。

お気に入りなのは分かりますが、そのような洋服を着て異性・同性を含め相手は

どう感じるでしょうか?

 

そうならないためにもお手入れの手順を明確化していく必要があります。

 

本日は洋服をより長く使うためのポイント・方法をお伝えしていきます。

ではいきましょう!!

 

<お手入れの方法・手順>

 

・家に帰ったらブラッシング

→一日中着ることで洋服は皆さんが思っている以上に繊維内にホコリが進入しています。

家に帰ってきたらまずはブラッシングでホコリを取り除きましょう。

 

・ポケットに入れたものは取り出す

→ポケットに物を入れたままにすると型崩れの原因となります。

ハンガーに吊るす前に必ず全て出しましょう。

パンツはベルトも外しておきます。

 

・専用のハンガーを使う

→ジャケット、パンツはそれぞれ専用のハンガーで吊るしましょう。

パンツは裾を上にして吊るすと重みによってシワが取れやすくなります。

 

・スチーマーでその日のうちにシワを取る

→ほとんどのシワはスチーマーの蒸気を使えば消えます。

最近ではハンガーに吊るした状態でかけられるものもあるので

めんどくさがり屋の方はおすすめです。

 

・その日に着たものは一日陰干し

→一日中着たものをそのまますぐにクローゼットの中に入れてしまうと

湿気がこもってしまい、生地の傷みが早くなってしまいます。

一日風通しの良いところで干してからしまう癖をつけましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

全ては家に帰ってからの流れです。

そのまま着ていたものをポイっ!とするのか

上記の流れで日々お手入れするのかで洋服のもちが全く変わってきます。

 

全て一連の流れとなりますので、習慣化もしやすいです。

是非、自分のためにも、相手のためにも、洋服のためにもお手入れを

実施していただき楽しい生活を送ってください。

 

次回も楽しみにしていてください。

 

 

弊社では詳しく聞きたい方に対してファッションコンサルティングを行っています。

気になる方はこちらから