皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

前回のブログではエキゾチックレザーの靴のお手入れ方法

についてお伝えしてきましたがお持ちの方は実際に

ケアをしてみてくれたでしょうか?

本日も革の種類別によるお手入れ方法をお伝えしていきます。

本日はパテント(エナメル)レザーのお手入れ方法について

お伝えしていきます。

パテントレザーはメンズのシューズはもちろんレディースの

靴でもよく使われています。

こちらの革は間違ったシューケアの仕方をしている人たちが

多い革でもあります。

しかし、もう間違った方法でシューケアはさせません!!

では本日も行きましょう!!

 

<パテントレザーとは>

エナメルという名でおなじみのパテントレザーは、革の表面を

樹脂などの塗装で仕上げた革のことを言います。

特別な手入れをしなくてもつやつやした光沢があり、汚れや水なども

はじくためお手入れも簡単です。

ただ長く履いてるうちに、亀裂や割れ目が入りやすい革でもあります。

 

<お手入れ方法>

①靴ひも、バックルを外す

→もうこのブログを読んでいる方はわかっていると思いますが、まずは

前準備として靴ひもやバックルなどは外して、靴のサイズに合った

シューツリーを入れましょう。

 

②ほこりを落とす

→馬毛のブラシを使い、靴全体をブラッシングしてほこりを落としていきましょう。

特にほこりのたまりやすいコバ周り、羽根の内側などは入念にほこりを取って

いきましょう。

 

③クリーナーで汚れをふき取る

→こちらも基本のシューケアと同じです。

布にクリーナーを取り古いクリーム、ワックス、汚れを

取り除いていきましょう。

パテントレザーの場合は汚れている個所をメインに特に

入念に拭き取っていきましょう。

 

④水拭きをする

→パテントレザーの場合は乳化性のクリームを塗りません。

つやを戻すために水拭きをします。

指に布(綿100%)を巻き付け、水を含ませて靴の表面を

拭き取っていきます。

布に汚れが付いたらきれいな面に巻きなおして、靴全体を

拭いていきます。

 

⑤乾拭きをする

→最後は乾いた布に巻き替えて、靴全体を乾拭きしていきます。

乾拭きの場合はあまり強くこすらずに軽く磨き上げるイメージで

行いましょう。

汚れによるくすみが取れてくると、またつやのある光沢が戻ってきます。

パテントレザーは革と樹脂の二重構造の為、深い亀裂が入りやすく

また樹脂の融解でべたつきやすいので、シューケア後は、「温度」「湿度」の

安定した場所で保管をしましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

パテントレザーは樹脂でコーティングされているため、クリームやワックスは基本的に使いません。

定期的な水拭きで光沢を取り戻すことが出来ます。

お持ちの方は難しいお手入れ方法ではないので、是非とも試してみてください。

 

本日のブログは以上になります。

次回も楽しみにしていてください。

ではまた!!

 

弊社ではファッションコンサルティングを承っております。

気になる方はこちらから。