皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

本日も有益な情報をお伝えしていきます。

本日の内容はゴムソールの汚れについてです。

特にスニーカーなどのカジュアルシューズのゴム底は、色が薄いものだと

すぐに汚れてしまうものです。

街中でも足元をよく見てみると、ソールが汚れた、また黄ばんでいるスニーカー

を履いている人をよく見かけます。

足元が汚れていると印象はやはりよくないもの。

ということで本日は

「ゴムソールの汚れ」が発生してしまった時の対処法についてお伝えしていきます。

<対処法>

①汚れをクレンザーで拭いていく

→まずは布を指に巻き、水を含ませてからキッチン用のクレンザーを少量取り

汚れの部分をこすっていきます。

力は入れずに優しくこすっていきましょう。

見る見るうちに汚れが落ちていきます。

靴の素材にもよりますが、すすぎのことを考えると

本体部分にはクレンザーがしみないようにした方がよいです。

 

②何度か拭き取っていく

→きれいな部分に布を巻き替えながら、汚れが落ちるまで同じことを

繰り返していきます。

 

③クレンザーを取り除いていく

→汚れが落ちたことを確認したら、濡らして固めに絞った雑巾でクレンザーを

拭き取っていきます。

雑巾をキレイな部分に持ち替えながら、クレンザーを完全に拭き取ったら

完了です。

 

いかがでしたでしょうか?

対処法も非常に簡単なのでゴムソールが汚れている靴を持っている方は

是非試してみてください。

ソール付近は汚れても当然と言える部分なので、汚さない工夫をするよりも

簡単に汚れを落とせる方法を覚えて、こまめにお手入れをする習慣を

つける方がよいでしょう。

 

本日のブログは以上となります。

次回も楽しみにしていてください。

ではまた!!

 

弊社ではファッションコンサルティングを行っております。

気になる方はこちらからどうぞ。