皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

本日も有益な情報をお伝えしていきます。

本日の内容は靴でよくおこしてしまうトラブル、その中でも

「スムースレザーの雨じみ」が発生してしまった時の対処法についてお伝えしていきます。

<雨じみの原因>

ブラシをかけても、クリーナーで拭き取っても落とすことのできない革にできたシミは

水濡れによる革の中の色素が動いてムラになってしまったり、油分が付着してしまったりと

発生の原因はいろいろあります。

革の中で起こっているので、水を革に含ませることで、いったんシミをゆるめる必要があります。

 

<対処法>

①クリーナーで拭き取る

→クリーナーを使って革の表面にある古いクリームやワックスを除去していきます。

表面の汚れを取ることで水の浸透率が上がるのでこの後の工程が非常に楽になります。

また油性のしみはクリーナーに含まれる溶剤でゆるめることができます。

 

②しみを濡らしてぼかしていく

→ぬるま湯で湿らせて軽く絞った雑巾でしみのある部分の革を湿らせます。

内部にまで染み込むくらいにたっぷり濡らしてしみをぼかしていきます。

 

③残ったシミを確認して再び濡らしていく

→水を含ませてから少し乾かしてみると、消えていないしみが目立ってくるので

再びぬるま湯で湿らせて軽く絞った雑巾でしみのある部分の革を湿らせ

残ったしみをゆるめながら、ぼかしていきます。

 

④乾燥させる

→半乾きの状態でしみが消えたのを確認したら、シューツリーを入れて

風通しのよい場所でしっかり乾燥させていきます。

完全に乾いたのを確認したら、基本のシューケアで革の保湿をして

完了となります。

 

いかがでしたでしょうか?

革に染み込んだ水分や油分がつくるしみは、薄い色の靴で特に目立ちやすいです。

そして多くの方が革靴用のクリームなどを使って対処しようとしますが、なかなか雨じみは消えてくれません。

大切なのは

なぜ起きてしまったのか?

という原因を知ること。

 

そうすることで対処法もおのずと分かってくるものです。

是非、今まであきらめてしまっていた靴もケアをしてきれいにしてあげてください。

再びその靴が皆さんの力になってくれることでしょう。

 

 

本日のブログは以上となります。

次回も楽しみにしていてください。

ではまた!!

****************************************

弊社ではファッションコンサルティングを行っております。

気になる方はこちらからどうぞ。