皆さん、こんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの島野です。

朝晩は大分涼しくなってきて過ごしやすい季節になってきましたね!!

早い方であればもう衣替えの準備もされているでしょうか!?

 

今日は僕が経験した失敗談からの学びをシェアしたいと思います!

 

その学びとは、、、、

 

知っている人に聞く、教えてもらう

これです!!

 

どういう事かと言いますと、、、、

 

 

約20年前当時高校生だった島野は、

自分のダサさを隠すべく、間違った方向のファッションに進んでいました。。。。

 

そんなある日、彼女とお台場にデートに行くことになりました。

当時栃木に住んでいた島野は、

都会で何だかオシャレな雰囲気が満載なところでの

デートシーンを妄想しながら

当日を楽しみに待っていました。

 

 

そして迎えた当日。

 

スズメのカワイイ鳴き声で目を覚ます。

チュン、チュン、チュン、

 

柔らかい朝日の中、

 

おもむろにデート服に着替える。

 

そして待ち合わせの最寄駅へ、、、、、、

 

島野「おはよー!今日は晴れて良かったねー!さぁ行こっか!!」

彼女「おは、、、、げっ!!!!何その恰好!マジで一緒に歩きたくないんだけど、、、、、、、、、」

 

 

そうです、彼女にいきなり一刀両断されることに、、、、、、

 

 

どんなスタイルをしていたかと言うと、、、、、

 

ピンクのセーターにドクロのマーク。

真っ赤な色のパンツ。

白い厚底の靴。

そして首輪。。。。。。。

 

今思い出しても痛すぎるww

 

要は自分の好きな!?スタイルしか身に付けていなかったのです。

 

その結果、

 

「マジで一緒に歩きたくないんだけど、、、、、、、、、」

 

どんなスタイルだったか、ネットから画像を引っ張ってこようとしたけど、

 

そんなコーディネートしている人が居ないというw

 

若いうちは、自分の好きなスタイルでいいかもしれません。。。

 

ですが社会人として

 

色々な方との出会い、場所、状況などを考えると、

 

相手からどう見られるか

 

という視点が大事になってきます。

 

僕は分からないのに、自分でやってしまい

案の定失敗に終わりました。

 

だから皆さんももし分からない場合は、

 

知っている人に聞く、教えてもらう

 

これを実践してみてください!!!

 

実際に僕も

 

その後お付き合いする事になった

 

ショップ店員さんの彼女に

 

色々と教えてもらった事で、

 

周りからの評判が良くなりました!!!

 

 

 

知っている人に聞く、教えてもらう!

 

たったこれだけでOKです!