こんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの島野です。

先日、さいたま芸術劇場にてご招待いただき、

人生初のクラシックの演奏会に行って来ました!

 

お客様が指揮者をされているのでご招待いただいたのです。

何せ人生初のクラシックですから、

どんな格好をしていけばいいのか一応確認で聞いてみました。

 

島野「クラシックだけにやっぱりタキシードで行った方がいいですかね!?」

 

指揮「いや笑 それはやりすぎですよ!普通の恰好で大丈夫ですよ!」

 

どっちがスタイリストか分からないw

 

~当日~

 

夕焼けに染まった豪華な会場がなんだかテンションを上げてくれる!

 

ホールは2階席もあり、ゆったりとした空間!

 

楽曲は

ベートーベン

ドボルザーク

 

クラシックに疎い自分でも聴いた事のある曲が何個か流れた。

 

やっぱり知っている曲が流れると楽しいもので、

サビ!?なんかは鳥肌もんでした!!!

 

指揮者の方は普段とっても温厚な方ですが、

コンダクトを振ると、人が変わったように激しい表現力で

観るものを本当に魅了していて、

今でもその時の興奮が甦ってきます。

 

やっぱり、熱量とそれを表現する力があると

 

人の心は動くんだなと。

 

自分の仕事に置き換えた時に

普段セミナーをする中でも

人の心を動かすのに、

熱量と表現力はとても重要な要素だと

改めて気付かせていただいた貴重な経験でした!

 

 

今回足を運んでみて思ったのは、

デートにちょぴりオシャレをしてクラシックの演奏を聴きに行く!

なんてのもいいんじゃないかと思いました。

今度は家族で行ってみたいと思います

 

つづく