皆さんこんにちは!

ファッションスタイリストジャパンの菊地です。

 

皆さんはクリーニング後、洋服をどのように保管をしていますか?

日々の当たり前のようにやっているクリーニング後の保管方法で

かえって洋服をダメにしてしまっている人をよく見かけます。

 

せっかくお金を払ってクリーニングに出したのに保管方法を間違えて

洋服をダメにしてしまってはとても悲しいですよね…

ましてやそれが頑張って買った高い洋服だったと考えたら…

 

本日はそんなことが起きないように正しい保管方法について

お伝えしていきます。

<正しい保管方法①>

 

まず一番いけないのはクリーニング後の洋服をそのまま

クローゼットにしまってしまうことです。

クリーニングから返ってきた洋服にはたいていビニール袋がかぶせられています。

そのビニール袋をそのまま入れたままにしておくと、アイロン仕上げの時の湿気が

残っていてカビやシミの原因となってしまいます。

またクリーニングで使う溶剤の発するガスが残っていて変色を起こす

可能性もあります。

上記の理由からも洋服が返ってきたら必ず袋から出しましょう。

<正しい保管方法②>

 

続いて保管方法で注意する点ですが、それはハンガーです。

たいていのクリーニング店では針金のハンガーに掛けられて戻ってきます。

その針金のハンガーのままクローゼットにはしまわないでください。

洋服によってはそれが型崩れの原因となってしまうのです。

ちゃんと肩幅に合った、厚みのあるハンガーに掛け替えて

保管をしましょう。

 

そしてこれらと同時にやってほしいことがあります。

それは出来上がりのチェックです。

「まー確認しなくても大丈夫でしょ」

と安心しないで、一度、自分の目で確認をする習慣を

つけましょう。

特にチェックしてほしい項目としては

 

  • 汚れやシミはちゃんと落ちているか?
  • 縮みや変色はないか?
  • スーツなどのセットアップはちゃんと全部揃っているか?

 

上記の3点をしまう前に確認しましょう。

もし不良個所を見つけた場合はすぐに出したクリーニング店に

連絡をして対応してもらうことが大切です。

時間が経ってからではクリーニング中に発生した不良なのか

クリーニング後に発生した不良なのかが分からず、適切な補償を

してもらえないことがありますので気を付けましょう。

 

 

いかがでしたでしょうか?

意外とそのままクローゼットにしまっている人も多かったのではないでしょうか?

適切な保管方法を実施して愛用の洋服を長く大切に使いましょう。

そういった気配りがビジネスにも影響し豊かなライフスタイルを

送ることが出来ますよ。

 

本日のブログは以上となります。

次回楽しみにしていてください。

 

 

 

弊社ではファッションコンサルティングを承っております。

気になる方はこちらから。