暑さのせいか、土日に電車に乗っていると
ショートパンツ姿の男性が非常に目に入るようになりました。

担当しているクライアントさんでもショートパンツを履く人、
履かない人と真っ二つに分かれます。

これまで履いていたかということや、女性目線が気になるということで
なかなか履き慣れないという方が多いように感じます。

なぜここまで賛否両論になるのかを、考えてみたいと思います。

 

1番は足を出すということへの抵抗がある

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お話を伺っていると、1番は足を出すことに対して
とても抵抗があるというご意見です。

・肌が白すぎてどうなのか

・毛が濃いので気になってしまう

・足を出すこと自体にとても抵抗がある

・足が華奢で細いので出したくない

・足が太いのに出していると見苦しいと思われるのでは

と、理由は様々ですが周囲の目線というのが
抵抗を生んでいるようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実は私自身も、とても共感できる意見が多いです。

3年前まではどんなに暑くても長ズボンだけしか履いていませんでした。

何の抵抗もなく履いていおられる方からすると、
何で?という感じかもしれません。

日々コーディネートを生業としていますと、
思いのほか抵抗を感じている方は多いという感触です。

女性は男性のショートパンツをどう思っている??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり男性ですから、女性はどう思っているのかな?というのは
とても気になるのではないでしょうか?

ショートパンツに関して、身近な女性スタイリストや飲食店の女性スタッフ、
そして出かけた先の海の家の女性等に聞き取り調査を進めてみました。

結果としては、条件によって可否がかなり変わるということが判りました。
多かった意見をある程度にとりまとめると、

・日焼けしていれば足の毛は全然気にならないのでOK

・足の毛がモジャモジャなのは絶対にイヤだけど、
ツルツルなのもちょっとどうかなと思う。

・夏らしいし、基本的に涼しそうな感じがして好き。短かすぎると嫌だけど。

・足の毛が程よく手入れしてあれば清潔感があるので大丈夫

・イケメンだったら何でもOK!

 

 

 

 

 

 

 

相手の女性の価値観によって、だいぶ変わるため
100%に近い支持を得るのは難しい!

というのが、聞き取りをたくさんした実感です。

ついでに、イケメンならまあまあ何でも許されるんだなという
現実も突き付けられましたが(笑)

最も大きな収穫といえば、
上記の意見をある程度満たすことさえできれば
70~80%位の支持を得ることは可能なのではということです。

イケメンじゃなくても支持されるショートパンツスタイルとは、
どんな条件に気を配れば到達できるのか、考えてみましょう。

清潔感のあるショートパンツスタイルを目指して

 

 

 

 

 

 

 

 

 

①ショートパンツは着丈が何よりの肝である!

最も気をつけて選ばなければいけないのが、
ショートパンツの丈の長さです。

これはほぼ100%の意見なのですが、
短すぎるショートパンツはNGというのが圧倒的でした。

長さはヒザの前後というのがベストな丈の様子。

短すぎると少年ぽさや、セクシーさが出過ぎて男性では
気持ち悪く感じられてしまうというのが本音のようです。

全力で気を付けましょう!!

目安としては、下の写真ぐらいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

②足の毛は程よく整えよう

すべて取りきるというと、やり過ぎではという女性もいることから
トリマーなどで長さや量を整えるというのが最も無難なようです。

今では男性用のトリマーが多種あるので、
自分の肌や毛の質に合いそうなものを選んで使いましょう。

 

 

 

 

 

 

私自身がそうなのですが、肌が白いと目立つので
日焼けマシンなどで肌を小麦色に焼くというのも
毛を目立たせなくする有効な対策です。

焼きたくない人は適切な処理を施すだけで
充分ですし、特に問題ないでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

年々、暑さが増してきている夏。

そのうち、ショートパンツでないと
暑さに耐えられない時代が来るかもしれません。

ショートパンツを着こなせるようにしておいて、
困ることはないので是非上手に着こなす参考にしてくださいね。