CPO=チーフペティオフィサーが着ていたジャケット

CPOジャケットの「CPO」とは、

【Chief PettyOfficer】の略で海軍下士官を意味します。

 

1930年代頃、アメリカ海軍下司官が着用していた

メルトン素材のジャケットが起源と言われています。

 

CPOジャケットの素材は軍服という特性上、

ウールメルトン、フランネル素材、コーデュロイなど

防寒に向いている厚手のものが主流でした。

今では、コットンなどの軽い素材も使われており、

シャツとして着れるタイプまで種類と幅が広くなっています。

 

 

CPOジャケットとシャツの違い

一般的には、防寒できる厚手の素材で

仕立てられたタイプをCPOジャケット。

薄手の素材でシャツとしての意味合いが強い

タイプがCPOシャツと呼ばれています。

 

CPOジャケットの着こなしポイント

衿付きで胸に大きめのフラップ付きポケットが特徴です。

前ボタンも上までついているシャツやカバーオールに近い

デザインになります。

 

着丈はやや長めで、分類上はアウターとしてはショート丈になります。

各ブランドのコンセプトによってタイプはさまざまですが、

共通しているのは、全体的にやや緩めのサイズ感で、

あまりピッタリし過ぎないシルエット。

インナーはシャツを選ぶとエレガントな印象に。

Tシャツなどのカットソーを選ぶと男らしい雰囲気に

様変わりするのが特徴です。

 

どんなボトムスにも合わせやすいCPOジャケット&シャツ。

ショートパンツに合わせてもエレガントな夏スタイルに☀️😎

これからの梅雨〜夏まで長い期間にわたって

気軽に羽織れる軽めのアウターです。