こんにちは!ファッションスタイリストの島野です。

 

最近我が家の子供は、パーカーを着た時に前のジップを閉めないと気がすまないようで、毎回ジップを上まで上げています。
こんな小さな子でも拘りがあるのだなと感じる事がありました。(まだ2歳半です。。。)

 

ビジネスにおいてもさり気なく、そして拘りのある物を使う事によって

自分の価値を上げる事ができる物があります。

 

それは、そう「小物」です。

 

 

 

小物は自分の価値を表すツールになります。
例えば、財布や名刺入れから靴、鞄、眼鏡に時計まで、

 

これらのアイテムは「外見力」を形づくる重要な要素となります。

 

よく海外のビジネスマンは交渉の際に相手の靴を見ると言います。
手入れが行き届いているか、そこまで細かい気配りができているか。

 

 

 

一事が万事ではないですが、もし100円のペンを使っているコンサルタントが
いたとしたら100円のコンサルタントにしか見られないかもしれません。

 

営業マンの方が会社にあるタダの紙袋を下げて出向けば、
タダの営業マンにしか見えないかもしれません。

 

たった小物1つで、これだけ印象が変わってしまうのです。

 

これを知っていると知らないでは大きな分かれ道。

 

小物はご自身の価値を表すツールです。