こんにちは、スタイリストの吉川です。

 

ネクタイにも様々な素材のものがあります。

シルク、ウール、リネン(麻)、コットン。

 

その中で最も多く使われている素材がシルクです。

良いシルクはギラギラとせず、上品な光沢を放ちます。

 

ネクタイを良い状態で長持ちさせるためには

どんな手入れをするのが一番良いのか?

 

今日はその中でもシルクネクタイの
お手入れについて話したいと思います。

光沢の大敵

汗をかいたり、汚れたということで
ネクタイをクリーニングに出す人がとても多いです。

 

ところが、シルクは洗えば洗うほど光沢が失われてしまいます。
シルクには様々な弱点があります。

 

・変色しやすい

・水に弱い

・日光に弱い

・虫に喰われやすい

 

天然素材であるシルクのネクタイは
発色性も素晴らしく綺麗に染まる染色性も優れています。

 

染色されたシルクは精錬される過程で、
繊維の束の間に水が入り込みやすくなっています。

 

その他の天然繊維は水に強いものも多いのですが、
シルクは例外といってよいでしょう。

 

クリーニングによって地色の減少、また光沢の減少は避けられません。
シミ抜き以外ではなるべく頻度を少なくしましょう。

実際に出す前と後での風合いを触って覚えておくと違いがわかると思います。

 

普段からできるお手入れとは

シミにはワインやスープなど、食事の際につきがちです。
あらかじめ跳ねないように注意することが一番の対策です。

お店で用意されている紙のナプキンや前掛けを使うのも良いですね。

 

汚れ以外にも普段からできるお手入れがほつれのケアです。
シルクのネクタイは糸がほつれやすく糸が飛び出すことがあります。

 

このほつれ、ハサミで切るという方が非常に多いです。
ところがそれではまたすぐに同じところからほつれが出やすくなります。

 

糸のほころびや毛羽立ちを根本から解決するためには
ライターの火を使って焼き切るのが一番効果的!

糸の分子からすっきりと断ち切ることで再発生も防いでくれます。

 

普段から予防を心がけながら、汚れたり傷んだりした際には
正しいお手入れを行い長く使いましょう。

 

***********************