ファッションスタイリストジャパンの斉藤です。

本日は前回につづて、ジャケパンスタイルについてです。

皆さんは、抜け感という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

抜け感!?てなんだ・・・

と思っている方々もいると思います。

私の思う抜け感とは!言葉で表現するならば、

柔らかさ、軽快さ、遊び心、隙、といった言葉です。

ただ、言葉を聞いてもイメージが湧かない

そんな方が一人でもいるのであれば、お伝えしていきたいと思っています。

「抜け感」とは、とても曖昧の表現な為、これが正しい!間違いだ!

という白黒つけられるものではありません。

感のいい方であれば、言葉の雰囲気や、

ニュアンスを感じとっていただけると思います。

そうでない方にとっては、どう表現していいか解らない、

そんな気持ちが正直なところではないでしょうか?

人によって捉え方が違う、人によって表現が違うのが「抜け感」なのかもしれません。

 

今日は、「大人の身だしなみを軸に」した

カンタンに取り入れられる「抜け感」の秘訣をお伝え致します。

 

 

ジャケパンスタイルの抜け感は!

カジュアルな要素をどう使用するか。

カンタンに取り入れる1つ目は、

上の写真のように、上半身と下半身を分けてコーディネートすることです。

見ていただくと分かる通り、

上半身と下半身が相反する着こなしになっています。

上半身だけみると、スーツスタイル!

下半身だけみると、デニムにスニーカーとカジュアルスタイルを

取り入れるているのがわかります。

続いて、もう1枚の写真はセットアップスーツに、

足元のみをスニーカーでカジュアルな要素にし抜け感を出しています。

足元だけを、カジュアルな要素にするだけでも「抜け感」をだすことが可能になります。

 

 

 

清潔感、季節感のある色や柄を使用し、

軽快さ、柔らかさ、遊び心を取り入れる!!

こちらの上の写真はホワイトジャケットをベースにしています。

カジュアル要素が強いチェック柄シャツ、デニムシャツや、

Vネックのカットソーをコーディネートするだけでも、

「抜け感」を演出することが可能になります。

足元にはレザーシューズ、スニーカー、ドライビングシューズやデッキシューズなど

多様に組み合わせることが可能となります。

昨今、白のパンツを履く方の多さを、皆さんも感じているのではないでしょうか。

トレンドや流行と言ってしまえばそれまでかもしれませんが、

背景や時代の流れとして「抜け感」の要素である爽やかさや軽快さなどの

かしこまらずに、親しみ安い装いを皆が求めているのではないでしょうか。

ぜひ、白のジャケットにも挑戦していただきたいですね。

 

まとめ

『抜け感』とは、

テーラードジャケットやレザーシューズといった、

フォーマルの男らしさや誠実さを残しつつ。

カジュアル要素である、したしみやすさや、

肩肘張らない自然体な雰囲気を醸し出し、

そんな両極端が組み合わさったコーディネートなのです。

 

今回は、あくまでも「大人の身だしなみを軸に」!をコンセプトにしてみました。

色の組み合わせ、使用する素材によっても『抜け感』を演出することが可能となります。

そちらについては、次回の『抜け感』後編でお届けしたいと思います。