ファッションスタイリストジャパンの斉藤です。

ここ最近は初夏を感じる気温が続いています。

読者の皆さんも、夏服の準備をされているのではないでしょうか。

そんな夏にオススメしたい、「シャツとショーツ」のコーディネートをお届けします。

先ず、シャツとショーツの組み合わせにとって大切なことは、サイズ感と色の組み合わせです。

サイズ感が小さすぎたり、大きすぎたり、また、色の組み合わせがチグハグだったり、柄ものが多すぎだったり

子供っぽさが出てしまったりするものです。

街を歩けば、サイズ感や色の組み合わせがチグハグで勿体無い、そんな方々が多くいるのが現状です。

そんな方にも、簡単に取り入れられる、サイズ感と色の組み合わせのポイント2点をお伝えします。

 

 

 

 

①ショーツのサイズ感は、膝上5cmから10cm未満に!!

ショーツは長過ぎず、短か過ぎずがポイントです!

短いのも長いのも、コーディネートに依ってはカッコよくなりますが、難易度が高くなる為

先ずはこの5cmから10cm未満のショーツを選んでみる。

シャツも体にフィットしたものを選び、着丈が長いものはパンツインに、

着丈が短いものはパンツアウトさせるとバランスがよくなります。

ここを基盤にすることで、サイズ感のバランスがよくなり。

コーディネートが誰でも簡単に取り入れることが可能になります。

 

 

 

 

②王道の白シャツをベースに!ショーツはベージュとネイビーを!!

白シャツをベースに、サックスカラーやストライプ柄のシャツがあると、

着回しが一段と楽しくなりますが。

まずは白シャツがあると、夏に爽やかで、清潔な印象を与えてくれます。

白シャツに、ベージュとネイビーのショーツで王道コーディネート!!

王道だからこそ、誰にでも簡単に取り入れることが可能となり、挑戦もしやすいのでオススメです。

シューズは、レザーサンダル、スニーカー、デッキシューズにドライビングシューズ。

レザシューズの中でも一番カジュアルなローファーなど幅広く、

コーディネートが可能なところも魅力的です。

 

 

 

 

まとめ

ショーツのサイズは、長すぎず短過ぎず。

膝上5cmから10cm未満のものを選ぶ。

シャツは体にフィットしたものを選び、

着丈の短いものはパンツアウト、着丈の長いものはパンツインする。

色は、白シャツをベースに、ベージュとネイビーのショーツを組み合わせる。

(サックスカラーもあると尚良い)

夏のファッションは薄着になっていきます、

薄着になるほど、サイズ感や色の組み合わせに目が行くものです。

そんな薄着でも自信を持って着こなしが出来る、特徴の2点をお伝えしました。

今年の夏は、シャツとショーツのファッションに挑戦してみては、如何でしょうか。