ファッションには色々な目的や効果・効能があります。

「大人っぽく見られたいのに、可愛いと言われる」

「年齢相応に見られたいのに、年上に見られる」

などの相談を多く頂くのですが、この状態はご自身の目的にあった
効果・効能が得られていない状況と言えるでしょう。

これは「自分軸」と「他人軸」に大きなズレがある状態が引き起こします。

 

「自分軸」=理想・主観

 

 

 

 

 

 

自分軸をわかりやすく定義すると、「理想」または「主観」です。

これは今まで自身が経験してきた過去の成功に基づく「主観」、
あるいは未来に望んでいる「理想」から作られます。

自分の「好き」「成功体験」によって支えられているものです。

自分軸が満たされていないと、モチベーションが上がらなかったり
自己肯定感が低くなったりします。

 

「他人軸」=現実・客観

 

 

 

 

 

 

他人軸をわかりやすく定義すると、「現実」または「客観」です。

これは自分の経験や、思いなどの主観は排され
あくまでも「相手=自分以外の第三者」によって作られます。

相手の客観的な分析や、社会的規範などによって支えられるものです。

他人軸が満たされていないと、不安になったり
承認欲求が満たされていないと感じたりします。

 

「自分軸」と「他人軸」が統合されていくとストレスが減る

 

 

 

 

 

 

好みや思いを優先すると、自分はとても満たされます。

相手のことや社会的な立場などを優先すると、周囲はとても満たされます。

どちらに偏っても、バランスを崩してストレスや不安を感じます。
では、どうしたら良いのか?

「統合」することで両軸のバランスをとる

すると、不思議と自分も相手も満たしていくことが可能になります。

 

可愛いは進化させると〇〇になる!

 

 

 

 

 

 

 

11月6日のセミナー内のワークで、こんな御悩みがありました。

「可愛いと言われることが多く、後輩と一緒に仕事へ行っても
自分ではなく後輩が上司と思われてしまう。」

客観的な印象を伝え合うワークでも、
相手の女性から可愛いというキーワードを伝えられた際の言葉です。

確かに可愛い雰囲気がある男性でしたが、
その後の発言がすごかったのです。

「もう、これは自分の特性だと理解して、可愛いを受け入れます。」と。

客観視、つまり「他人軸」を受け入れる覚悟は、
なかなかつかないものですが、これを受け入れられたのです。

受け入れることが出来ると自分の武器・特性に変わります。

そこで私のアドバイスは、

「可愛いは大人の男性に進化すると甘いという武器になる」

ということでした。

ご本人も、面白いととても納得され、確かに可愛いとは
似て非なるものですねと納得されていました。

これが「自分軸」と「他人軸」とを統合した瞬間です。

客観も受け入れつつ、主観も満足させるように進化していくこと。

 

 

 

 

 

 

この統合が苦しみやコンプレックスから解放してくれ、
自分の新たな魅力を産み出すことに繋がるのです。

もしかすると、現在感じているコンプレックスや不満、客観的意見とのズレは
実はあなたの理想へ運んでくれる特急列車かもしれません。

 

↓↓↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓↓↓