こんにちは!5月から早くもクールビズが始まります。

すっかり定着してからというもの、
益々カジュアル化の一途をたどっています。

快適に楽になるのは良いとはいえ、
だらしなくはなりたくないところ。

今まではいかに楽にするかという傾向が
顕著に表れていたのですが、ここ数年潮目が変わってきています。

クールビズは今後、いかに着こなしていくべきなのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一歩間違えると一気にだらしなくなるのもクールビズ。

ダサくならない着こなしにする1番のポイントは、サイズ感です。

つまり、いかに自分の身体のシルエットを美しく見せるか。

鍛え上げた身体なら、シャツやポロシャツ1枚でスラックスでも格好良く見えるでしょう。

昨年の夏も、イタリア・フィレンツェで行われている世界最大級のメンズファッション展示会である『ピッティ・イマジネ・ウォモ』に足を運びました。

伝統あるブランドの数々でも“涼しい・軽い・シワになりにくい”などの
機能性素材を取り入れた上で、シルエットやデザインで差別化を図っていました。

年齢と共にお腹周りやお尻周りが気になってきた
30~50代男性がクールビズを格好良く着こなすにはどうしたらいいのか?

これはやはり、年齢と共に気になってくる
お腹周りが大きなポイントになっているのです。

 

夏はぽっこりお腹が目立ちやすい

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シャツ1枚は楽で涼しいのですが、
エレガントさよりもカジュアルな雰囲気が先にきます。

そして、何よりお腹周りが目立ちやすいです。

これを上手に隠して綺麗に見せてくれるのがジレなのです。

自分の身体にフィットしたサイズのジレを身に着けることによって、
お腹周りをスッキリ見せてくれます。

ここで大き過ぎるサイズを選んでしまっては逆効果。
あくまでもフィット感にはこだわりましょう。

基準は、

  1. 胸回りが大きすぎて腕の付け根周りや脇の下に隙間が出来過ぎていないか

  2. お腹周りが浮いてしまっていないか?

 

ここは試着の際に徹底的にチェックしてください。

サイズ感の合ったジレを身につけるだけで、
カジュアルさの目立ったスタイルがグッと引き締まります。

着こなしにエレガントさが加わり、
キレイめクールビズに仕上げてくれるのです。

お腹周りが気になる人も、そうでない人も
一段スタイルを格上げしてくれるジレ。
活用しないなんてもったいないですよ!

↓↓↓メルマガ登録はこちらからどうぞ↓↓↓